プロヴァンス滞在記

25.カタルーニャから 4
ポブレ修道院 (Monestir de POBLET)


シトー会の修道院で、
この地域が失地回復(レコンキスタ)された
12世紀初頭に建築が始まった。

高い塀で囲まれた広大な敷地を持つ。
(周囲約2km)

かつては歴代アラゴン王の庇護を受け
大変繁栄した修道院だ。

国王たちの葬式も行われ、
霊廟も置かれた。
(1196年 - 1479年)

が、時代を経て徐々に衰退し、
ナポレオン戦争と自由主義憲法時代、
そして1835年の、
宗教教団の財産永久保有権剥奪を経て
完全に荒廃してしまった。

外観は何とか残されたが
内部の装飾はほとんどと言っていいほど
破壊され、スペイン内戦ののち、
ようやく修復が始められたが
現在もまだ修復中である。




正面に見える教会は17世紀のもの。
(バロック様式)


回廊で。
階段の手摺の装飾。

右手に球、左手に蛇をつかむ悪魔が、
階段の手摺の飾りになっていて、
とてもユニークである。






ピレネー山中には小さな教会が無数にある。
かなりの山奥、放牧以外には糧は無さそうな、
驚くようなところにも、
教会や修道院があったりする。

(Saint Julia de Cerdanyola)
モングローニー (Montgrony)。

リポーイ (Ripoll)から約20km山奥にある。
山上に教会、右端に修道院が見える。
修道院は現在、ホテル兼レストランだ。

一番近い麓の村までは標高差500mある。

はたして、いったいどのように、
修道生活が成り立っていたのだろうか・・・。
崖にへばりつくように建っている礼拝堂。
中には、木造の、幼子イエスを抱くマリア像がある。
モングローニー (Montgrony)にて。
シュラナ(Siurana)にて。
ここも今はまだのどかな村だが、
そのうちに観光地化されて
人が大勢訪れるようになるのだろうか?


前のページへ


次のページへ
トップへ戻る