プロヴァンス滞在記

20.写真室 3
サン=マキシマン=ラ=サント=ボーム
(St−Maximin−la−Ste−Baume)
バジリカ聖堂。
ここも古くからの聖地である。
地下の礼拝堂には
マグダラのマリアの頭蓋骨がある。
プロヴァンスで修道院といえば、
セナンク、シルヴァカーヌ、トロネの
3つが有名。
いずれもシトー会のもの。
右はシルヴァカーヌ。
(Silvacane)
シトー会は
清貧運動から起こった修道会であるが、
一方で、本来キリスト教には希薄であった
マリア信仰を決定付けた
実力者・聖ベルナールのイメージが強い。
左はトロネ
(Thoronet)
その後、シトー会派修道院には富が集まり、
中世後期にはお決まりのように
権力争いが絶えなくなる。

プロヴァンスのシトー会派修道院は
中世後期以降の混乱を経て
現在もなお、かろうじて
清貧のイメージを保っている。

カタルーニャのシトー会派修道院とは
好対照をなしている。

右はセナンク
(Senanque)
キュキュロン(Cucuron)
リュベロンの、ごくありきたりの街であるが
観光客があまり訪れない分、
街中は、プロヴァンスの田舎の、
質素で、平和な雰囲気を
たっぷり残している。
ボニューの、新しい方の教会。
(Eglise neuve)
19世紀後半に建てられたものだそうだが、
風景にしっかりなじんでいる。



前のページへ



次のページへ
トップへ戻る