プロヴァンス滞在記

17.オクサンのつぶやき
ここ1ヶ月、寝る間も惜しんでホームページ作りに没頭しているダンナを見てよくやるなーと、あきれたり感心したりしていました。でも写真選びを手伝ったり滞在中の日記を読み返したりしているうちに当時のことが甦って来て私もちょっと楽しませてもらいました。

ダンナはせっかちで、スケジュールもいつも強行に組むので、とても疲れます。
クライミングの合間の観光は体力的に無理もあるのでしょうが、でも、やっぱりいろいろなところを見に行ってみたいですよね。



ボニューのアパートにて
このアパートはちょっとおしゃれな雰囲気。

私たちの旅ははっきり言って貧乏旅行です。
ホテルやブランド物の買い物には全く縁がなくて、普段着はTシャツにジャージと、おしゃれには程遠い生活です。

でも2人でスーパーに買出しに行って安くて美味しいプロヴァンスの食材で作る食事は最高だし、ガイドブックには載っていない美しい並木道や小さな村を訪れたりする生活は、ごみごみした横浜でのせわしない今の生活を考えると、これこそ贅沢!と思えてきます。



ルールマランの街中で

私は、アヴィニョンやマルセーユとかの大きな町よりも、あまり名前の知られていない小さな村々での生活や現地の人たちとのふれあいに楽しみを感じます。


そういう私たちの目から見たプロヴァンスがこのサイトを通して少しでも伝わればステキだなーと思います。

( 2001/03/18 作成 )





ビュークスで岩登り
T.C.F (7a), Buoux




前のページへ



次のページへ
トップへ戻る