プロヴァンス滞在記

1.ボニュー (BONNIEUX)
プロヴァンスの、とくにリュベロン周辺ではあちこちの村に滞在したが、やはりボニューは最も落ち着けて好きな所だ。 とくにコレといった目玉はないが、街そのものが目玉といった感か。

街は、リュベロン山地の支稜の南西斜面に扇状に開けている。 街の中をジグザグに車道が走り、その間の急斜面を、車も入れないような細い道が、迷路のように入り組んでいる。

街のてっぺんには墓地と、現在は使われていない教会がある。 この古い教会に上がる手前、最後の階段の辺りから街を見下ろすと、街の家々の、屋根の配列と煙突の煙がなんとも言えず風情があってよい。


ボニュー全景


教会に上がり、その周辺を散歩していると、どうも、東西南北がわからなくなる。 地図上ではボニューはリュベロン山地の北にあるが、北方に見えるはずのヴァントゥー山が後ろに見えたりする。
支稜とリュベロン山地の位置関係が方向感覚を狂わせているとしか思えないのだが・・・。

私は方向感覚には自信があったのだが、歩いているとわけがわからなくなる。

教会から階段を降り、テラスの眺めを楽しんだ後、役場の横を通り抜けて車道に出る。

左に曲がってちょっとのところにパン屋(※注)があるが、このパン屋は『歩き方』にも紹介されたことがあるらしく、オヤジはやたら愛想がいい。 だが最近、代替わりしたのか、あまり店でオヤジを見かけなくなった。




教会手前から、街を見下ろす。


ちょっと戻り、角のカフェの床下をくぐるようなヴォルテール通りを降りてゆくと、ツーリストインフォーメーションがあり、噴水のある広場に出る。 正面はインターマルシェ。 さらに、車道を渡り小道を下ると広場に出る。
毎週金曜日に、ここで朝市が開かれる。 広場の面積からも想像できるが、開かれる朝市の規模はとても小さい。 年一回、春先に、ここで陶器市が開かれるが、その際には、プロヴァンスに長年住んで陶器製作をしておられる日本人女性も出品されている。
広場の下に出て、左に歩くとパン屋がもう一軒ある。 こちらの店はちょっと気取ってオーバーゼスチャー気味に喋るマダムが相手をしてくれる。
ちょっと威圧的な話し方のせいか、フランス語がダメな私のオクサンはこの店が苦手なのだが・・・・・こちらの方が値段が安いので渋々ここへ買いに行ってるようだ。


( 2001/03/18 作成 )

朝市
ボニューの朝市はこじんまりした雰囲気だ。





(※注)追記
※パンしか買わない私たちクライマーはパン屋と呼んでいますが、正確にはパティスリー&サロン・ド・テです。 2002年に訪問したときはオヤジは健在。その後も元気。しかし、もうじき店を畳んで引退するとの話しです。(追記:2006/7/27)
Henri TOMAS -Patissier-
7, rue de la Republique
84480 BONNIEUX
Tel: 04 90 75 85 52


トップへ戻る



次のページへ