プロヴァンス滞在記


滞 在 日 記  (2012年-4)
2012/5/12(土) 〜 5/28(月) スペイン、Ulldemolins -2



5月12日(土) 晴れ、30度超えの灼熱
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■9時過ぎ、起床。
洗濯をしてから、コーヒーを入れ、観光日記を書く。

★朝食★
オレンジ
サーディーン缶+全粒パスタ

■13時前に、出発。
ウルデモリン(
Ulldemolins)の肉屋さんで買い出し。おばさんが乾燥ソーセージを試食させてくれた。生のソーセージを指さして、これを乾燥させた物と言っていた。とても美味しかった。
ハムと生ハム(ベーコン?)とジュースを購入。雑貨屋さんにも寄って、パンとリンゴとトマトを買った。

■14時過ぎ、マルガレフ(
Margalef)へ。
観光開けだし、ダンナの背中も治っていないので、行ったことがない簡単なルートがある奥のエリアに行くことにした。いつもの手前の駐車場はがらがらだったが、奥まで入っていくと大賑わい。駐車スペースを何とか探して車を停めた。車の温度計は30度を超えている。
そこそこ急登のロングアプローチで、日差しを遮るものがなく、暑い。

Culample4エリアに着いたところで、一旦休憩。汗だらだら。ローカルとフランス人達が登っている。
ローカルにダンナが背負っているダウンは必要ないでしょとからかわれた(我が家の防寒着は冬でも夏でも、ごっついダウンです)。

■汗が引いたところで、Chorrerasエリアへ移動。
すでに15時。ここは子供連れのローカルで賑わっている。
Na fen 5+を日向カンカンの中、ダンナに促されてマスターオンサイト。
空いている
Mameluko 6cをダンナ、オンサイト(結構悪いらしい)。
大人気っぽい、
Jass 6bが空いたところで、ダンナにトップロープを張ってもらう。ローカルが悪そうに登っていたが、結構悪い。2ピン目を抜けるところが核心で、そこを何度もやるうち疲れてしまった。

■17時前に、家族連れローカルが帰ってしまい2人だけになり寂しいなと思ったら、入れ替わりにさっきCulample4エリアで登っていたフランス人集団がやってきて、
Jass 6bMameluko 6cを登り始めた。Mameluko 6cはやっぱり厳しいみたいで、さっき7b+とか登ってた兄ちゃんがテンションかけかけ登っていた。ここはマルガレフ(Margalef)では短いルートなので、ムーブは辛いのかな
?

Lolo cat 6bにもトップロープをかけてもらうが、最後の核心ムーブができなかった。ここは木の陰で辛うじて日陰になっているが、夕方から日向方向だった。私はこれで終了。
Chorrerasエリア、大賑わい。

Na fen 5+ をオンサイト。

Culample4エリアへ移動。
日陰だが暑い。5日前は日向は暑くとも、日陰は寒いくらいだったのに・・・。
Besame mucho 7b+をダンナオンサイト。
暑い、暑いと連発しながらも、面白かったと、満足げ。ローカルにも祝福してもらいました。

■20時頃、キャンプ場に戻ってきた。少し涼しくなったが、蒸し暑い。

★夕食★
ビール
生ハム
ハム
ドイツ魚缶
ごはん
アラゴンワイン

夕食後、Wi-Fiコーナーでブログアップと日記書き。0時を回ってしまった。
ずっと雷が光っていて、歯を磨いてテントに戻ったら雨が降り始めた。

★今日のルート★
−−私−−
Na fen 5+ マスターオンサイト
Jass 6b トップロープ
Lolo cat 6b トップロープ
−−ダンナ−−
Na fen 5+  アップ
Mameluko 6c
 アップ
Jass 6b
 アップ
Lolo cat 6b
 アップ
Besame mucho 7b+ オンサイト

≪ダンナのコメント≫
■観光から帰ってきたら猛暑です。参りました。午前中すぐ30℃を超え! 夜も熱帯夜!?ひょっとしてシーズンを外してしまったか?北へ移動しないとならないか・・・悩みはじめですね。




5月13日(日) 晴れ、猛暑
 
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■9時過ぎに起床。晴れて、今日も暑い。
コーヒーをがぶ飲み?!

朝食
オレンジ
サーディーン缶+全粒パスタ

■洗濯(暑くて汗をいっぱいかいたので、洗濯物が増えた)をしてから、12時過ぎ、出発。

■今日もウルデモリン(
Ulldemolins)の肉屋さんで買いだし。昨日試食させて貰った、乾燥ソーセージを頼んだら喜んでくれた。あとオリーブ入りのハムとジュースを購入。雑貨屋さんにもよってビールを購入したら、わざわざ奥から冷えているビールを出してくれた。すぐ飲みたい気分だった。。。

■マルガレフ(
Margalef)の駐車場に14時過ぎ到着。
昨日より手前の駐車場に行ってみたら空いた。でも、駐車場に降りる道が悪路(ダートで急登)で車に良くないので今回限りの利用です(帰りの登りはドキドキでした)。
川を渡って(グラグラの石渡り)すぐ登り始めるので、昨日よりアプローチは短い。
まだダンナの背中が治らないので、今日も日陰で易しいルートがあるエリアということで、Can Reginoエリア(昨日行ったエリアの対岸)を目指す。ここも結構な急登で汗かきながら登ったら、何と易しいルートがある左側は日向。トポには終日日陰と書いてあるのに・・・。2〜3時間待てば陰りそうだが、ルートも日向のせいかソソらない。ダンナも右の方のエリアを見に行ったが、アプローチが面倒なのであまり行く気がしないと言う。

■少し休んでから、昨日のエリアに移動。また川まで下って、昨日の急登アプローチを登り返し。良い運動になった。

Chorrerasエリア
風があって、昨日よりはまし?
Mestoy kitando 5+、マスターオンサイト
・・・昨日、フランス人が皆で登っているのを見て、登ってみたいなと思っていたルート。そこそこ長くて面白かった。
Tabe 5+、マスターオンサイト
ダンナは、同じ5+をフラッシュした後、
Peus de plom 6c(ムズい。エリアによっては7aつきそう、だそうです)、Piernodoyuna 6b(出だし核心でやっぱり悪い。ルートとルートの間に無理に作った感のあるルート、登る価値なし?)をオンサイトし、昨日登ったJass 6bにトップロープをかけてくれた。

Jass 6bをトップロープトライ。ムーブはできたけど・・・、リードするか少し迷った。でも、Taretareuでリードせずに後悔したので、リードすることにした。

1時間休んで、RPトライ。出だしで気合い入りすぎ(力余っ)て手順を間違え落ちる。1回降りて仕切り直して、RP!すごく嬉しかった。

ここで会ったレリダ(
Lleida)から来ている夫婦に暑さについて聞いてみたら、この暑さは夏の暑さで例年はこんなに暑くないとのことだった。「明日くらいからまた涼しくなるよ」と言われ、元気が出てきた。やっぱり異常気象だったんですね。
またさっき敗退した対岸のエリアは夕方日陰で風も通って快適で、6a、6bの良いルートがあると勧められた。完全な夕方エリアですね。

下のCulampleエリアに降りたら、Chorrerasエリアより暑い。ダンナの指の関節も疲労しているので、登らずに終了。
Mestoy kitando 5+ をオンサイト。
Jass 6b をレッドポイント!


■20時前、明るい時間に帰ってきたが、風が出てきたので、外での食事はできず。
椅子を外に出し、夕日を見ながらビールだけ飲んだ。

★夕食★
ビール
生ハム
オリーブ入りハム
貝入りインゲン豆の缶詰(美味しいが、ちょっと寂しい味付け)
トマト
ごはん
しそわかめの振りかけ
アラゴンワイン
乾燥ソーセージ

食事中から段々気温が下がってきて、寒くなってきた。
今日はWi-Fiコーナーでビール飲みながら、ブログアップ(日記書き)しようと思って、バケツに水張ってビールを冷やしていたのに、寒くて完全防寒体制になってしまった。それでもビールは飲んだけど。

■0時半頃、お休み〜。

★今日のルート★
−−私−−
Mestoy kitando 5+ マスターオンサイト
Tabe 5+ マスターオンサイト
Jass 6b RP!
−−ダンナ(アップのみ)−−
Mestoy kitando 5+
Tabe 5+
Peus de plom 6c
Piernodoyuna 6b
Jass 6b




5月14日(月) 晴れ、涼しい
 
◆レスト

■8時過ぎ、起床。夜寝付かれなかったが、8時に目が覚めた。薄い雲が出ているが、晴れている。
コーヒーを入れて、のんびり。

★朝食★
オレンジ
イカ墨缶2個使って、全粒パスタ炒め、青海苔がベストマッチ

洗濯してから、Wi-Fiコーナーへ。
快晴になったが昨日より気温が低く、日陰にいると風が冷たく感じ、上着が必要。

■15時前に出発。今日は買い出しの日。
タラゴナ(
Tarragona)方面に向かって山を降りていくと、タラゴナ(Tarragona)方面は雲がかかっていて、山を降るにつれ天気が悪くなって来た。

まずはタラゴナ(
Tarragona)のカルフール(Carrefour)で買いだし。カタルーニヤ語の辞書が欲しかったのだが売ってなかった。お昼ごはんにキッシュの詰め合わせ(4種類入っている)を買ったが食べきれず、夕ご飯になりそう。次にレウス(Reus)のLidlで買い出し。一カ所で全部揃うと楽なのだが。。
■18時過ぎ、キャンプ場に戻ってきた。山に戻るにつれ天気が良くなってきて、キャンプ場は快晴。気温は21度。昨日は19時過ぎて、26度くらいだったから涼しくなった。
風もないので、夕日を見ながら外で食事。

★夕食★
ビール
ハーブ漬けの鶏肉+醤油
サラダ(カット野菜とブロッコリー)
キッシュ(夕ご飯でも残ってしまった)
ラマンチャのワイン(0.99ユーロで美味い!)
乾燥ソーセージ

■21時テントに入って、カレーの仕込み。

■0時頃、お休み〜。

ハーブ漬けの鶏肉が美味しい。



5月15日(火) 晴れ 
◆Santa Ana(サンタ・アナ)でクライミング。

■8時過ぎ起床。快晴。気温11度。
コーヒーを入れる。

★朝食★
昨日食べきれなかった、キッシュとブロッコリー
オレンジ

■11時前に、サンタ・アナ(
Santa Ana)に向けて出発。出かけるときに、このキャンプ場の住人?(ずっといるフランス人夫婦)に英語で話しかけられた。今年は天気が良いって。

■カーナビに従うとレリダの外周道路で大きく右に迂回させられるのが納得できず、今日はレリダの町中に突っ込んでみた。そしてカーナビが町中から再計算した案内に従ってみたら、あと数キロ行けばサンタ・アナ(Santa Ana)に直行する国道があるのに、ウエスカ(Huesca)方面の自動車道を案内され、西に大きく迂回することになってしまった。自動車道を最優先、もしくは大きな街は直ぐに出る設定になっているのか・・・。カーナビの設定を確認するのは困難なので、地図と併用して臨機応変にやるしかないですね。
■13時過ぎ、サンタ・アナ(Santa Ana)到着。
今日は誰もいない、すべてのエリアが貸し切り。Escaleras al cieloエリアに車を停めて、Senderoエリアへ。

Rita 6aで、アップ。
アップのはずが、発進ムーブでどはまり。でも何とか一回目でRPできた。日向で暑かったので、日陰になってから登ればもっと簡単かな?

■15時過ぎ、Escaleras al cieloエリア移動。
まだ暑いが、風があってコンディションは良さそう。

Sessio de rabia 8a+、ダンナ一回目。
核心まで突入し、行った!と思ったら落ちてきた。「萎縮してしまった・・・」とダンナ。

Plou i fa sol 6b、私1便目で思いがけなくRP。
隣の
L'Ultim Bolquer 6cにトップロープをかけて降りてきた。

Sessio de rabia 8a+、ダンナ2回目。
余裕の登りだったのに、核心でフォール。私のビレーではゴボウできず。ムーブ確認することもできず降りてきた。

L'Ultim Bolquer 6c、私トップロープ。
ジムナスティック系ムーブで楽しいが、最後ができなかった。

少し前に青年2人と少女1人がやってきて、私がロープを結び始めたら、青年がすごい早口で話しかけてきた。英語かスペイン語かもわからない。日本語で「わからない」と答え、「Try this?」とルートを指さすのが精一杯。青年は「No!no!」と笑っている。ダンナが来て聞いてみると、ハーネスが一つしかない(忘れた)から今日は登れないとのことだった。しばらく岩を触った(下部でボルダー)後、帰ってしまった。

Sessio de rabia 8a+、ダンナ3回目。
私のビレー失敗で、ロープが腕に絡まってフォール。その拍子に背中をまた痛めてしまった・・・。激痛に耐えながら、回収。

■18時半頃、岩場を後にした。

■20時半頃、キャンプ場着。
隣にフランス人が3家族。賑やかに食事をしている。
結構、風が強いので、今日も中で食事。
テントの窓から夕日を眺める。
ダンナがトライ中の、Sessio de rabia 8a+
Plou i fa sol 6b をレッドポイント!


★夕食★
ビール
昨日仕込んだカレー
ラマンチャワイン
つまみ
カマンベールチーズ
乾燥ソーセージ

■0時前に、お休み〜

★今日のルート★
−−私−−
Rita 6a RP
Plou i fa sol 6b
 RP
L'Ultim Bolquer 6c トップロープ
−−ダンナ−−
Rita 6a  アップ
Plou i fa sol 6b
 アップ
Sessio de rabia 8a+ 3便

≪ダンナのコメント≫
■今日は久しぶりに
Santa Ana(サンタ・アナ)へ。Sessio de Rabia 8a+ を狙いに行ったのですが、下から通すと上部核心の一手がなぜか決まらない。このムーブ単体なら100%の成功率で、ルート中間からの通しでも問題ないのになぜ???
こんなパターンが一番悔しい。 力(ちから)が足りないとか、ムーブが出来ないとか、岩が濡れているとか、そんな理由なら『仕方ない、鍛え直して(状態のいい日に)また頑張ろう!』って前向きになれるのですが、『出来る』としか思えない内容・構成で、しっかり気合入れて集中して登っているのになぜか落ちる。しかも落ちる理由が分からない・・・。とても悔しいです・・・。




5月16日(水) 晴れ
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■8時過ぎ起床。快晴、気温12度。風がある。
コーヒーを入れ、日記書き。
ダンナはお疲れで、9時頃起床。

★朝食★
オレンジ
イカ墨缶×2+全粒パスタ

■12時過ぎ、出発。
イギリスNoの遅い車に捕まり、いつになくゆっくり運転で、13時過ぎ、マルガレフ(
Margalef)到着。
駐車場には車一台だけ。
Can Pesafiguesエリアは、貸し切り。

La senda de Wenda 5+でアップ。
Escargot Boode 6b+に、ダンナがヌンチャクを掛けてくれた。

1便目、傾斜が落ちるところののっこしでフォール。ムーブ確認のため、トップアウトして降りる。
1時間レスト。

2便目、RP!
マルガレフ(
Margalef)初日に触って、全然できなかったルートがRP(通算4回)できて嬉しい。

■4時頃、隣のCan Veduresエリアに移動。
ダンナ、
O'Mar Galef 7bをオンサイト。
ワークアウトで、
Samson6c+Gos roig,gos boig 6cをオンサイトして今日は終了。

隣のCava Soleiadaエリアで楽しそうに8aを登っている人たちが見えて、ダンナ「いいな〜」と羨んでいる。
駐車場に戻ると、来たときに停まっていて車はなく、入れ替わりに3台のローカルの車が停まっていた。

■19時前に、キャンプ場着。
今日も賑やかに食事してるかな〜と思ったら、隣にいたフランス人家族はいなくなっていた。
日の高いうちの夕食(と言っても20時回っている)。

★夕食★
ビール
カレー
ラマンチャワイン
カマンベールチーズ
乾燥ソーセージ

山の向こうに雲が沸いてきて不気味。風も出て来た。
Wi-Fiコーナーに行って、ビールとポテチでくつろぎながら、ブログアップ。
だんだん気温が落ちて、風もあるし寒くなってきた。
Escargot Boode 6b+ をレッドポイント!
今日の晩ご飯はカレーです。
■お茶を飲んで暖まって、23時半ころ、お休み〜。

★今日のルート★
−−私−−
La senda de Wenda 5+ アップ
Escargot Boobe 6b+ RP
−−ダンナ−−
La senda de Wenda 5+  アップ
Escargot Boobe 6b+
 アップ
O'Mar Galef 7b オンサイト
Samson 6c+  ワークアウト
Gos roig, gos boig 6c
 ワークアウト




5月17日(木) 曇り時々小雨
◆レスト

■7時過ぎに目が覚め、7時半起床。天気は曇りで時々雨がぱらつく。気温15度で少し暖かい。
昨日の夜中は星空だったのだけど、夕べからモンサン(
Montsant)の山の方から湧いてきた雲が降りてきたようだ。
コーヒーを飲んで、洗濯。

★朝食★
久しぶりのチーズ、パセリ&ガーリックハーブ入りスクランブルエッグ
インスタントラーメン

Wi-Fiコーナーで、ネット。

■13時頃、出発。
Albarca峠は雲の中でその先は雨が降っていた。

レウス(
Reus)のAldyでだいたいの買い出しを済ました後、Simplyで足りないものを買い足し。Simplyのガススタで給油(今日は買い物が25ユーロ少々で30ユーロに届かず、割引なしでした。Aldyの方が安いので、Simplyでの買い出しはAldyで買えないもの必要最小限なので仕方ない。)Simplyで買った袋入りミニクロワッサンを食べる。

帰りにシウラナ(
Siurana)の湖によってみた。ボート乗り場があったりして、一応観光地ですね。南側の駐車場は気持ちよくて、車中泊していると思われるドイツ車がいた。対岸の駐車場はいまいち。

■17時過ぎ、キャンプ場着。山の向こうから湧いてこちら側に降りてくる雲がおもしろくて写真を撮った。
キャンプ場の住人にチャリ夫婦が2組増えている。
Aldyで買ったでっかいフルーツ入りヨーグルトを食べる(夕食に差し支えた・・・)。

※(↓) Montsant(モンサン)の南から湿った空気(雲)が、山を乗り越えて溢れるように降りてくる・・・。

★夕食★
Aldyで買った、ハーブ漬けの豚肉
ブロッコリー、マヨネーズ
(Simplyで買ったAuchanブランドのマヨネーズ、300mlで0.99ユーロと安いのだが、1回使っただけで蓋が壊れた・・・。)
ごはん
Aldyのラベルなしワイン(おいしいのだけど、同じ0.9ユーロでも、Lidlのラマンチャワインの方がおいしい。)
いちご(20個くらい入った1パック0.99ユーロだった)

■食事が終わった後(21時前?)、ブーシュドローヌ(
Bouches-du-Rhone)ナンバーのフランス車が2台、若者が5人(男4人、女1人)やってっきた。小さいテントを3個狭いところに密集して張った後、車でどこかに出かけてしまった。持ち物から、クライマーですね。

食後に、今日も野菜いっぱいいれて、カレーの仕込み。
昨日、今日と食べ過ぎで、お腹の調子が悪い。トイレ通い・・・。

■23時半ころ、お休み。
夜中は嵐、横殴りの風でテントがすごい音を立てるので、壊れないか心配になった。




5月18日(金) 曇り時々雨、のち快晴
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■8時半過ぎ、起床。夜中から明け方の嵐でよく眠れなかった。風は弱まったが、曇っている。
自転車夫婦一組はすでにテント畳んで出発していて、もう一組の自転車夫婦も片づけをしてそろそろ出発の様子。
コーヒーを入れ、昨日買ったシリアル(麦菓子)を頬張る。

★朝食★
ハムエッグ
クロワッサン

■天気が悪いとモチが下がる我が家。隣のフランス人の若者が出かけてしまったあともうだうだ。ダンナに「今日は行った方が良いと思うよ」と促され、ストレッチをした後、12時過ぎ出発し、マルガレフ(Margalef)を目指す。途中、時々雨がぱらつく。

車がいっぱい停まっているが、どれもこれもフランスナンバーで、フランスは今どうなっちゃてるのかな?
El totxo d'en FrediエリアEl Laboratoriエリアの間に車を停めて、El Laboratoriエリアのルート散策(8a以上のルートがいっぱいある)したあと、私の宿題があるCan Torxaエリアへ。
着いて荷物を降ろしたところで日が射しているのに雨が・・・。フランス人女性が
Chachi qui chapi 7aをまさに登ろうとしているときの雨で、顔を見合わせて笑ってしまった。幸いすぐに雨は止み、フランス人女性2組も楽しそうに登り始めた。

■私の宿題課題
Escalagmita 6+にダンナがヌンチャク掛けてくれた。凹角を登って行き、トラバースするところがスタンスが悪くて気持ち悪いが、ピン位置が良くて、それほどプレッシャー感じずに登ることができるルート。
無事1便目でRP。回収はかなり振られるので、登ってすぐトップロープ回収した。
私が回収終わった頃には、なんと快晴。寒いことを予想して、日向エリアに来たのに、暑くなってしまった。

El Laboratoriエリアへ移動して、ダンナが
Guitler 6bIntegrisme balsamic 6aをオンサイト。私はIntegrisme balsamic 6aトップロープトライ。
6aなのでリードしようと思ったがダンナにピン位置が悪いので、試登しといた方が良いかもと言われ、トップロープにしたがトップロープで良かった(リードしてたら大フォール・・・)。機会あったら、これもリードしたいな。
ダンナは7b+を眺めて、登るかどうか悩んでいる。でもどう見てもランジムーブで、背中のことを考えてトライは見送り。

■行ったことがないエリアにでも行ってみようということで、湖の上のCan Si fa o no fotエリアを目指す。
湖沿いの駐車場に車を停めると、エリアはすぐ上だが、アプローチはぐるっと回って行かなければならない。ちょこと急登を登っていき、岩沿いをトラバースしていくのだが、下は崖なのにすごく狭いところがあって、荷物を持って行くのは結構怖い。ダンナが空身でルートだけ見に行くが、『そこまでして行くルートは無い』ということで、本日ここで終了。
Escalagmita 6+ をレッドポイント!

El Laboratoriエリア
道沿いに被ったルートが並んでいます。

快晴になったので、対岸の日陰エリアに人がいっぱい。楽しそうに登っていた。

■18時過ぎ、キャンプ場着。風があるので、今日もテントの前室でごはん。
★夕食★
ビール
ハム
カレー
ニュールンベルガー(ソーセージ)
ラベルなしワイン

■21時頃から、Wi-Fiスペースに行って、ブログアップ。
雷が鳴り始めた。
天気予報を見たら、今日が一番天気悪く、明後日まで雨予報。今日は快晴だったのに・・・。もっと登っておけばよかったか?とダンナ。
フランス人のおじさんが、スマートフォンを持ってやってきた。
フランス人の若者たちは、23時を回っても帰ってこない。
テントに戻ってから、いちごを食べた。

■私たちは、0時頃お休み。
今日の晩ご飯。


★今日のルート★
−−私−−
Escalagmita 6a+ RP
Integrisme balsamic 6a トップロープ

−−ダンナ(ヌンチャクかけと、トップロープ張り)−−
Escalagmita 6a+ 
Guitler 6b 
Integrisme balsamic 6a





5月19日(土) 晴れ、時々曇り、夜雷雨 
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■8時過ぎ起床。快晴。コーヒーを入れ、チョコとシリアルを頬張る。
フランス人の若者達はいつ帰ってきたのだろう?朝食を食べている気配もなく、10時頃出かけて行った。
空は天気予報を裏付けするように、どんよりと曇ってしまった。

★朝食★
ココ豆入り、イカスミ全粒パスタ
■土曜日なので早く出かけなければと言いながら、ダンナが読書(ヨーロッパ史、中世編、マニアックな本です)にハマり、12時過ぎ出発。

■13時頃、マルガレフ(
Margalef)についたが、前回の週末ほどは混んでいなかった。空はすっかり晴れ。
キャンプ場で一緒のフランス人の車の後ろに車を停めて歩き出すと、前に岩場で会ったスペイン人が英語で「今日はそんなに暑くないね」と声をかけてきた。7b+をオンサイトしたとき、ダンナが「Hot!Hot!」と言うのを笑っていた人だ。

■ハイキング気分でChorrerasエリアへ。
いっぱい汗をかいた。Chorrerasエリアは途中フランス人カップルが来た以外は貸し切り。キャンプ場にいる青年に似ていたので声をかけてみたが別人だった。
Po zi 5+をオンサイトするが、体がだるいのと暑いのとで変な登りになった。もう一回登るが、同じ・・・。

■ダンナは
Po zi 5+と、Abracadabra 6b+を登った後、Lolo cat 6bにトップロープをかけてくれた。
Lolo cat 6bをトップロープトライ。前回できなかった最後のムーブが何とかできた。ちびは悪いスタンスに外足スメアでつま先立ち。。。次回はリードしよう。

Culample4エリアに移動。
丁度さっきのフランス人青年が
El Guardia 8aにぬんちゃくを掛けに行くところだった。青年が登った後、ヌンチャク借りて、ダンナトライ。中間部までは快調に登るが核心でフォール。登り始めた時は晴れていたのに、核心部に突入したときには曇って湿気て来て、悪いムーブがさらに悪くなったようです。トップアウトはしたけれど「かなり悪い」「でも楽しかった」そうです。

次にスペイン人のヌンチャクを借りて、
Whiskey compadre 7b+をオンサイト。この頃には晴れて風も出てきて、寒いくらいだった。

■19時頃、岩場撤収。フランス人は帰ってしまい残るは珍しくローカルのみ。
帰り道、道ばたエリアをキャンプ場のフランス人達が登っているのが見えた。
Ulldemolinsに向かう途中、モンサン(Montsant)山の上にのっかている雲が面白くて、車を停めて写真を撮った。

■20時前にキャンプ場着。風が強い。
シャワーを浴びに行く時、雷が鳴り始め、シャワーを浴びて出てきたら、雨が降り始めた。
Po zi 5+ をオンサイト

El Guardia 8a をトライするダンナ。

★夕食★
ビール
ベーコン
野菜いっぱいカレー
ラベルなしワイン(今日は1本開けてしまった)
カマンベールチーズ
サラミ

一旦止んだ雨が、寝る頃土砂降りの雨になった。
天気予報の降水量は夜に集中?

★今日のルート★
−−私−−
Po zi 5+ マスターオンサイト
Lolo cat 6b トップロープ
−−ダンナ−−
Po zi 5+  アップ
Abracadabra 6b+
 アップ
Lolo cat 6b
 アップ
El Guardia 8a  宿題
Whiskey compadre 7b+
 オンサイト




5月20日(日) 雷、雨、時々雹 
◆レスト

■8時過ぎ起床。晴れている。
フランス人の若者は帰りの準備。8時半頃帰ってしまった。
コーヒーを入れ、チョコとシリアル。
天気怪しいが、洗濯。今日はモンサン山の方は晴れているが、マルガレフ(
Margalef)の方が曇っている。
★朝食★
ここ豆入りインスタントラーメン
チーズ+パセリ&ガーリック入りスクランブルエッグ

■昼頃、Wi-Fiコーナーへ。
私はコーヒーを入れてから合流。さっきから雷が鳴っているな〜と思ったら、本降りの雨。風が強いので傘をさしながら作業していたら、急にカランカランと良い音が響き始め地面が白くなった来た。パチンコ玉くらいの雹が降っている!すぐに雨に変わったが、嵐。冷気が降りてきて、一気に寒くなった。

■15時頃、テントに戻っ来た。
お腹が空いたのと、寒いのとで、パスタをゆでてペストをあえて食べた。

それからも雨が降ったり止んだり(雹も降った)風も強くて寒い。
ドライブにでも行く?とダンナが聞くが、そんな気にもなれない天気。結局、本読んだり、トポ見たりして一日過ごした。

★夕食★
ビール
野菜いっぱいカレー
ピーマン肉詰め?
ラベルなしワイン
サラミ
カマンベールチーズ

■する事ないので、23時過ぎお休み。
気温は9度で寒い。フランスの連休も終わりで、キャンプ場も閑散として寂しい。

PC始めたとたん、すごい雹と雷雨。
外は雹と雷雨ですが、
テントの中は前室が広くて快適。





5月21日(月) 曇り、強風  
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■8時半頃、起床。
気温9度。曇っていて、風が強い。風向きが変わって、西から(今までと逆、来た頃と同じ)から吹いている。涼しかったら日向エリアへ行こうと話していたが、これだけ風が強いと寒すぎでしょう〜。しばし様子見。コーヒーを入れ、チョコとシリアルをかじる。
★朝食★
オレンジ
サーディーンの全粒パスタ
目玉焼き

■12時に出発。
天気が悪いとモチベーションが上がらないので、マルガレフ(
Margalef)のアプローチなしの道ばたエリアEl Laboratoriへ。日向エリアだが曇りで日は当たらず、風も吹き抜け寒い。気温は12〜13度。
(フランスの)連休明けの月曜日だから、いつぞやのように誰もいないのかなと思ったが、登っている姿は見えないが、車が数台停まっている。

Integrisme balsamic 6aにダンナがヌンチャクをかけてくれた。昨日の嵐でホールドに溜まった泥を掃除してくれたのと、クリップが厳しいところに長ヌンを掛けてくれたので無事RP。

■次に隣の
Muntanyisme 6b+にダンナがトップロープ張りに入ってくれたが、出だしボルダー(一手芸)ルートなのだが、ホールドが探しにくく、ダンナ6b+を7b+のホールドで登り背中がパキ!「やばいと思ったけど、このグレードで落ちたくないし・・・」って。私はトップロープトライするが、ホールドが分かってもできず・・・。

Cingles del Moliエリアに移動して、以前から綺麗なラインで登ってみたいなと言っていた
Pepe Gotera Y Otilio 6b+を見に行く。いつも日向で暑いのが、今日は曇りで陰っていてチャンスと思うのだが、寒いし、何だか身体だるくて登らず終了。
対岸では日陰エリアを登っている人数名。寒くても頑張っている。

■まだ16時で早いので、ドライブへ。
マルガレフ(
Margalef)→La Bisbal de FalsetCabassers(地図の表記と看板の表記が違う)→La Vilella BaixaLa Vilella AltaMontsantの南西はちょっと違った景色が見れて楽しい)→Escladei(ここからMontsantの見事な岩が見えてくる。観光地のようだ。)→La Morera de Montsant(クライミングエリアはこの街に車を停めて歩いていく。クライマーの物と思われる車は停まっていたが、登っている人は見えなかった。岩でかいし、広いし。)→Cornudella de Montsant(ここからいつもの道)→AlbarcaUlldemolinsに17時半頃到着。

Ulldemolinsで買い出し。
肉屋に行ったが、閉まっていた。月曜日は定休か?営業時間が書いてあると思われる紙はスペイン語の辞書を引いても読めない(カタルーニヤ語?)。いつもの雑貨屋さんで、パンとワインだけ買って帰った。Ulldemolinsラベルのワインが2.5ユーロから3.4ユーロに値上がりしていた。
El Laboratoriエリアで。
Integrisme balsamic 6a をレッドポイント。

Montsant(モンサン)の岩場。


■18時頃、キャンプ場に戻ってきた。昨日と同様、キャンプ場は静かで、人の気配がしない?

★夕食★
ビール
ベーコン+玉子丼
インゲン豆の缶詰
シジミの水煮缶詰
ラベルなしワイン
乾燥ソーセージ

■風が強いので、テントの前室でのごはん。テントの窓から夕日が綺麗に見えたので、写真を撮りに出た。
やることないので、23時前にお休み。
風は止まず、テントが風に煽られ、何度も目を覚ました。

≪ダンナのコメント≫
■数日前の猛暑から打って変わって、今日は3月並の?寒さ。。。いきなりの落差に体がついていけず、「岩場ベストコンディション〜」って気持ちになれなかった。極端な天気ですね。




5月22日(火) 晴れ   
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■9時前に起床。だるい。天気は晴れ間と雲が半々。気温12度。コーヒーを入れ、チョコとシリアル。晴れてきて、段々気温が上がり始めた。

★朝食★
サーディーンの全粒パスタ

■Wi-Fiコーナーでメールと天気予報チェック。
今日は晴れ/曇り、明日から1週間晴れの予報。曇り空でモチの上がらない私たち。でも私の宿題を片づけたい気持ちの方が勝って12時過ぎ、マルガレフ(
Margalef)へ出発。マルガレフの方角の空が晴れているので、マルガレフはきっと晴れだと思ったが、マルガレフも曇っていた・・・。晴れているのはもっと先。岩場は昨日より賑わっている。
Chorrerasエリアへ。
ここは貸し切りだったけど、下の方から賑やかな声が聞こえてくる。風は通るが、曇っていてちょっと蒸し暑い。
Glutamato 5No os durmais 6aをオンサイト。ダンナもアップで登った後、Misca bereber 6b+をオンサイトして、私の宿題課題Lolo cat 6bにヌンチャクを掛けてくれた。
少し休んで
Lolo cat 6bを無事RP。最初に触ったときはムーブできなかったのが、分かってしまえば簡単だった。

■16時頃、下のCulample4エリアへ。気づけばすっかり晴れてベストコンディション?
ここはローカル、フランス人、イギリス人とインターナショナルな感じで賑わっていた。フランス人の連れてきた犬が人なつっこくて可愛かった。今日のメンバーは回収した後ロープを抜かない人たちで、ロープが登った後もぶ〜らぶら。
ダンナ少し迷った後、7b+をオンサイトトライすることに。
El bicho del Roger 7b+をオンサイト。
このエリアは今シーズン最後かもということで、続けて
Eco-Jessi 7bもオンサイト。

■私たちはここで終了なのだが、ローカルのおじさんが
Eco-Jessi 7bにかけたヌンチャクを貸してほしいというので、おじさんが登るまで待つことになった。このおじさんにはダンナがSativa Patatica 8aでスーパームーブを教えてもらった恩があるので、まあいっか。

■ヌンチャク返して貰ったのが18時過ぎと、まだ早いので前から気になっていた、La Catedralエリア(奥の方にどっかぶりの壁が見えている)の方に行ってみることにした。これが歩く歩く・・・。森の中を歩いていると鳳来にでも来た気分。駐車場からだと、たっぷり30分はかかりますね。

真ん中のLa Visera de la Comaエリアにアプローチは繋がっていて、右にLa Catedralエリア、左にRaco de la Coma Closaエリアがある。私が昼寝している間、ダンナが両隣のエリアを偵察しにいくが、30分あるいてまで登りたいと思うルートはないとのことだった。端から端まで歩くのも距離あるし、悪いしで、ダンナお疲れの様子。やる気満々で来なくて良かった〜って。
No os durmais 6a をオンサイト中のオクサン。
すっかり我が家の犬。
飼い主がいくら呼んでも
我が家の傍を離れません。


■20半頃、キャンプ場に戻って来た。キャンプ場のBarがクライマーと思われる若者たちで賑わっていた。
キャンプ場は近所に住人なく、ひっそりとしている。
風があるので、今日もテントの前室でごはん。今日も夕日が綺麗だ。

★夕食★
ビール
カレー
ドイツ魚缶詰(マスタードソース)
Ulldemolinsワイン(3.5ユーロに値上がりしたので気楽に買えなくなったが、やっぱりおいしい)
サラミソーセージ

■食事もそろそろ終わりというころに、猫がやってきた。餌付けはしないぞっ!としばらく放っておいたが、サラミの皮(腸)を投げたらおいしそうに食べ、可愛さに負けカレーがついた鍋をなめさせたり。魚の缶詰(ソースしか残ってない)に至っては綺麗になめ尽くしていた。いつもゴミとか荒らされて、忌々しいと思っている猫であるが、なつかれると可愛くて勝てない・・・。

■0時前に、お休み〜。
夜中トイレに起きたら、久しぶりに綺麗な星空だった。

★今日のルート★
−−私−−
Glutamato 5 マスターオンサイト
No os durmais 6a 半マスターオンサイト
Lolo cat 6b RP
−−ダンナ−−
Glutamato 5  アップ
No os durmais 6a
 アップ
Misca bereber 6b+
 アップ
Lolo cat 6b
 アップ
El bicho del Roger 7b+ オンサイト
Eco-Jessi 7b オンサイト

≪ダンナのコメント≫
■我が家はよく犬に懐かれます。餌付けするわけでも特別に遊んであげるわけでもないのですが・・・。キャンプ場で飼い主そっちのけで我が家の番犬になった犬とか、岩場で我が家の傍にずっといる犬とか・・・。今回も、我が家の傍にふらっと来てお座り。飼い主がいくら呼んでも戻ろうとせず、飼い主も呆れ顔・・・。面白いですね。。。




5月23日(水) 快晴
◆レスト

■9時前に、起床。快晴!
コーヒーを入れ、チョコとシリアル。
タンクを積んだトラクターが来て、何をしているのかと思ったら、殺虫剤を撒いているようだ。

★朝食★
オレンジ
サーディーンの全粒パスタ

匂い嗅ぎつけて、また夕べの猫がやってきたが、今日はあげる物がない。私は猫で遊んで癒されたのに、猫にはご褒美なしでした。
私洗濯、ダンナはWi-FiコーナーでPC。

■15時前に、買い出しに出発。天気良いし、買い物は急ぐ必要ないしということで、ドライブ。
Ulldemolinsのキャンプ場→Albarca峠→Prades(何にも無さそうなところだが、スキーリゾートみたいな雰囲気の街だ)→La FebroCastillejos(地図では街になっているが、廃墟しかない)→Arboliの街まで行ってUターン(Arboliからの道は崖の上を通っており、昔はガードレールがなくプレッシャーがかかったが、今はガードレールができていた)(ArboliLa Mussara間は展望が良い、海が見えて、レウスの街が一望できる)→La Mussara(幹線道路を右折して700メートルくらいで、La Mussaraに到着し行き止まり。記憶にある山小屋があったが、車からは降りずUターン。)→葛折りのぐねぐね道を降りていくと、岩がいっぱい見えた→Vilaplana→レウス(Reus

■Simplyで買い出し、30ユーロ越えてガソリンが10%引きになったら給油しようと言っていたら、29.5ユーロだった・・・。次にLidlで買い出し。レジのお兄さんがスペイン語でわ〜としゃべってスクラッチカードをくれた。何だか分からないがダンナが削ってみるが、ハズレ。

■帰り道、天気が良いので、
Panta de Siuranaによって、湖からシウラナ(Siurana)の写真を撮った。女性のランナーがストレッチしていたが、今回あちこちでランナーを見かける。スペインもランニングブームなのかな?

■18時頃、キャンプ場に戻ってくると、入り口のレセプション前でキャンプ場のおばちゃん呼び止められた。「知らせずに、殺虫剤撒いてごめんなさい。蚊や芋虫が出るので・・・」とすごい勢いで謝られた。今日WiーFiコーナーでダンナがマスクをしているのを見て気にしていたようだ。ダンナが「No problem.マスクは花粉症対策だから」と言ったら、花粉症も大変よね〜と言う話をして一見落着?

風がないので、久しぶりに夕日を見ながら外で食事。

★夕食★
ソーセージを焼いて
サラダ、手作りドレッシング
ドイツ魚缶(白いソース)
ご飯
Castelloのワイン(ちょっと酸っぱい)
Panta de Siurana
シウラナ(
Siurana)がきれいに見えます。

今日も夕日を見ながら晩ご飯。



魚の缶詰あるので、猫が来ないかと待っていたが、食事中は来なかった。
22時前にテントに戻って、明日のご飯の仕込みを始める。
仕込み中、猫がやってきたが、魚の缶詰(ソースだけ)には目もくれず去っていった(昨日はすごく喜んでなめてたのに)。きっと住人が増えたから、もっと美味しいものをもらってお腹いっぱいだったのでしょう。

■0時前に、お休み。
星空だがあまり気温下がらず、17度。




5月24日(木) 晴れ
◆Santa Ana(サンタ・アナ)でクライミング。

■早く出かけるぞ〜とダンナが言うので、8時起床。でもダンナが起きれず・・・。
コーヒーを入れ、シリアルとチョコを食べる。

★朝食★
サルサイカ缶+鰹節の全粒パスタ

■12時前に出発、13時過ぎ、サンタ・アナ(
Santa Ana)に到着。
今日はレリダ(
Lleida)の街を突っ切って最短(カーナビのルートより7キロくらい短い)で来ることができた。

今日は最初からEscaleras al Cieloエリアへ。
誰も居ないが、ダンナの目的のルート
Sessio de Rabia 8a+にヌンチャクがかかっている。
左側の易しいルートには、まだ日が当たっている。
川沿いで風も抜けるので夏もOKのエリアのはずが、かなり暑い。綿毛が種をつけて、大量に舞っている。
■14時過ぎ、ダンナがアップを始める。
Plou i fa Sol 6bを登った後、私の目的のルートL'Ultim Bolquer 6cを登るが、ピン位置悪いし、面白くないし、最後の核心ムーブは6cとしては厳しい(ダンナは背中に危険を覚えてやらなかった)ので止めた方が良いとアドバイス。他に適当なルートもないし暑くてやる気も出ないので、私はこのルートのフォロー回収だけで本日終了。
ダンナはもう一本
La Gota Freda 6cでアップ終了。このルートは前半スラブで後半はクラックを登るがパワフル。難しいが、さっきのルートより面白くてお勧めとのことだった。

■気温が下がるのを待つが、なかなか下がらない。16時半に、これ以上は待てないと1便目を出す。で、RP。暑くて、指の皮を減らしながらも、無事RPでした。今までの敗因は「気持ち」? ダンナ「嬉しい!」を連発。紆余曲折ありましたからな。通算9便でした。
ダンナがSessio de Rabia 8a+をレッドポイント!


■17時過ぎ、撤収。サンタ・アナを出てすぐのところで、車の温度計を見たら29度。ここももうシーズン終わりかな。

■時間が早いのでプチドライブ。
レリダ(
Lerida)→AlcanoEl Cogul(道沿いにボルダーエリアがある。日向でクライマーは誰もいなかった)→L'AlbagesJuncosa(いつも街の西の方をかすめるだけで寂れた街だと思っていたら、北(東?)の方から街を抜けたら結構大きな街で賑わっていた。)→18時半頃、キャンプ場着。

今日も夕日を見ながら外で夕食。
★夕食★
ダンナの特製鶏肉入り炊き込みご飯(パエリヤ?)
カスティーリャワイン
クルミエールチーズ(発行し過ぎて中が液体?スプーンで食べた。)

■片づけた後、22時頃からWi-Fiコーナーへ。
ダンナ、ブログで成果発表?
1時前に、お休み〜。

★今日のルート★
−−私−−
L'Ultim Bolquer 6c トップロープ
−−ダンナ−−
Plou i fa Sol 6b  アップ
L'Ultim Bolquer 6c
 アップ
La Gota Freda 6c
 アップ
Sessio de Rabia 8a+ RP!

今日はダンナのお祝い?



≪ダンナのコメント≫
■今日は、やりたくってウズウズしているルート(
Sessio de Rabia 8a+)をやりにSanta Ana です。
前回、『出来る』と思って攻めて2回失敗、3回目は背中を痛めてムーブもなにも出来ず、非常に悔しい思いをした。 1週間反省して、気付いた点が幾つか・・・。やっぱりRPを焦っていた?問題無いムーブなんだから、じっくり確実に決めればいいだけ。自信のあるムーブなんだからパンプなんか気にする必要ない。微妙な焦りは核心のスタンスの踏み込みを浅くするし、押し手もおろそかになってムーブが決まらなくなる。
それを念じて・・・しっかりレッドポイントできました。しかも今までで一番安定した登りだった。通算9回目。すごくうれしいです。。。




5月25日(金) 晴れ
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■8時半過ぎ、起床。
晴れて暑い。起きたときは気温18度。9時でテントの中、すでに27度。
コーヒー、チョコ、シリアルをかじる。

★朝食★
オレンジ
昨日の炊き込みご飯の残りに玉子トッピング

食事中、猫がやってきたが、一回りして帰っていった。今日は何もあげるものないよ〜と思っていたら、その後ちょっとテントを留守にした隙に、テントの中に入ってサラミソーセージを引っ張りだし(漁った気配なく、ピンポイントでソーセージを取っていったらしい)、テントの前でかじっていた。さっきは偵察にきてたのかな?油断も隙もないな〜。とりあえず追っ払ったが、猫にかじられた部分は食べられないので、またきたらあげようと用意していたがそれっきり・・・。
■12時過ぎ出発して、マルガレフ(Margalef)へ。
明日からフランスが3連休だからか、結構賑わっている。昨日がダンナの日になったので、今日は私の日。

Ca la Martaエリアへ。
ここもすでにローカル、アメリカ人?、イギリス人で賑わっている(英語が飛び交っている)。

Martini & the rocks 6aをマスターオンサイト。
イギリス人(リタイアして今はスペインに住んでいるそうだ)の老夫婦が拍手してくれた。次に、
Pubilla 6bをトップロープでテンションかけかけ登った。Pubilla 6bはパワフルで面白いが、ダンナに「6bハンターになる必要はない」と言われ、次へ。

さっき
Rocambolets 6b+でアップしていたアメリカ人の青年が、Txula hop 7a+が素晴らしいと言っていたのでダンナに登ってもらった。「悪いよ〜!このルートを倍にしたら、この前登った長い7bと同じくらいだね。7bってどんなもんか体感できて良いかも!」って。で、ものは試しでトップロープで登って見るが、厳しいな〜。核心は全くできなかった。

やっぱり7は私には無理だといじけていたら、優しいダンナ(指導は厳しい?)、隣の
Pedopulsion 7aにトップロープをかけてくれた。1ヶ月前に登ったときよりも感触良く、すでに18時まわっていたのに「もう一回やってみな」とダンナが言ってくれたので回収せず降りてきた。

私がレストする間、ダンナがかかっているヌンチャクを借りて
Parabellum 7c+をトライ。すごく面白いけど、最後のぬけ口がすごいランナウトのスラブでちびには厳しいらしい・・・。しかも夕方から日が当たり始める。4/20に来た時は、当たってなかったと思うのだが。

ビレイ中、さっきドイツ人が連れて帰ったはずのでっかい黒い犬が戻ってきて、すごい勢いでじゃれ付いてきてどうしようかと思ったが、飼い主の呼ぶ声が聞こえたとたん一目散に帰っていった。

ダンナが
Pedopulsion 7aにもう一回トップロープを張ってくれた(優しい!)後、もう一回登った。まだ怪しいけど、次回リードします!
Pedopulsion 7a をトップロープトライ中。

岩場の取り付きで。
疲れて眠っているダンナ。

■登り終わった時は、すでに20時回っていた。
13時過ぎに来たときは、風が冷たくて心地よく日陰はサンタ・アナより涼しかったのだけど、夕方左の壁に日が当たるせいか、風が暖かくなって、蒸してきた。
岩場の下の湖では、泳いだり、カヌー遊びをしていて、気持ち良さそうだった。
今日は私たちが最後かと思ったら、他のエリアではまだ登っている人がいっぱい!暑かったからかな?

■21時過ぎ、キャンプ場着。
週末なので、キャンプ場も賑わっている。お馴染みさんもいっぱい。Barもレセプションも開いていた。

★夕食★
ビール
サラミソーセージ
朝と同じ炊き込みご飯+玉子トッピング
ベーコン
クルミエールチーズ(液体チーズ?)
Lidlで買ったラマンチャワイン(いつもよりちょっと高めの1.75?ユーロ)

寝る前にデザートプロテイン飲んで、0時過ぎ、お休み〜。
夜中、テント直撃は少ないが風が強くなった。
気温があまり下がらないのと、自分の体の発熱で暑くて寝苦しかった。

★今日のルート★
−−私−−
Martini & the rocks 6a マスターオンサイト
Pubilla 6b トップロープ
Txula hop 7a+ トップロープ
Pedopulsion 7a トップロープ×2
−−ダンナ−−
Martini & the rocks 6a アップ
Pubilla 6b
 アップ
Txula hop 7a+
 アップ
Pedopulsion 7a
 アップ
Parabellum 7c+  宿題




5月26日(土)
◆ポブレ修道院(Monestir de Poblet)へ観光。

■6時過ぎ、トイレに起きる。さわやかな晴れ。
8時に目覚まし鳴るが起きられず、9時過ぎ這うようにして起床。コーヒーとチョコをかじる。
10時半ころから、食事の準備。

★朝食★
オレンジ(フランスに居たときは、5月になるとオレンジはまずくなるが、スペインではこの時期のオレンジもとても美味しい)
サーディーン缶の全粒パスタ
+ハーブ(パセリ&ガーリック)

洗濯

■13時頃、出発。
AlbarcaPrades経由で、展望が良い道(ぐねぐねでいろは坂のような道)を抜けて、ポブレ修道院(Monestir de Poblet)へ。

■14時過ぎに着いたが、ツアーガイドのみ(自由見学なし)で昼休み。ツーリストインフォメーションも閉まっている。午後のツアーは15時15分から。カフェテリアでお茶でもと思ったが、看板はあるものの、無骨な修道院の施設の建物の中のカフェテリアの入り方が分からず、結局車に戻って時間を潰した。

■15時になって行ってみると、ツーリストインフォメーションも券売所の売店(土産物屋)も開いていた。入場券(7ユーロ×2人)を買って外にでると、広場にたくさん人が集まっている。集団が修道院の入り口に入っていくのに付いていった。15時15分きっかりにガイドの女性が出てきて、切符を切りながら中に誘導された。言語は何が良いか?とのやりとりで「Japanese」と言ったら日本語のリーフレットを出してくれた。

ガイドツアー自体はスペイン語(カタルーニヤ語もある)だが、パンフレットに順路に従った番号と簡単な説明が載っているのでそれを見ながら歩いた。私はほとんど記憶がないのだが、ダンナは以前はもっと廃墟でつまらなかった、だいぶ修復が進んでいるな〜と言っている。

ツアーで困るのは、団体で動くので写真が撮りにくいこと。人が写っちゃう。現役の修道院なので、実際に使われている様子。なので自由見学不可なのかも知れない。

見学終わって外に出た後、外から教会に入ってみた。大教会部分は無料で入れるようになっていて、ダミアー・フォルメント作の飾り衝立や王の墓はフェンス越しに見ることができる。

■17時頃、ポブレ修道院を後にして、買い出しへ。最寄りの大きな街で済まそうと、モンブラン(
Montblanc)に行ってみるが、期待していた大きなスーパーがなく結局レウス(Reus)を目指す。モンブランとレウスを結ぶ道の景色がとても面白かった。ビューマークが付いている、モンブラン-バル(Valls)間の道より全然良かった。

レウスのAldyで買い出し。ハムを買って食べた。帰りはレウスの街中を抜けてみた。レウスを出て、いつも通り自動車道から
Les Borges del Campの街で下道に入り、山の方に向かうと、山の方がかすんで天気悪そうだったが、峠を越えると明るくなり、Albarca峠を越えたUlldemolinsは晴れていた。

■外で夕日を見ながらご飯

★夕食★
ビール
Aldyで買った味付き豚肉を焼いて
ブロッコリーとエンダイブのサラダ
ごはん

★夕日が沈むのをずっと見ていたら、22時前になってしまった。夕日が沈む位置が来たときよりだいぶずれて、北西に沈む。
片づけた後、Wi-Fiコーナーに行って、ダンナブログアップ。
■0時頃、お休み〜。

今日はキャンプ場賑やか。隣(1スペース開いているが)にはバイクで来たドイツ人カップルが、なぜかテント2個張っている。キャンプ場代は、車の数+人の数+テントの数で決まるので、テント二つ張ると割高になるのだが。。。
スペイン人は夜中まで絶好調。Barも賑わっていた。

ポブレ修道院(Monestir de POBLET)入り口。

階段手摺の装飾がユニーク。

階段手摺の装飾。

外で晩ご飯。

夕焼けがきれい。






5月27日(日) 晴れ
◆Margalef(マルガレフ)でクライミング。

■8時半、起床。お約束で、朝はだるい。隣のドイツ人は起きているが、それ以外は静か・・・。
晴れている。コーヒー、シリアル、チョコをかじる。
日曜なので早く行かないとと言いながら、朝は体が動かない・・・。

★朝食★
サーディーン缶のパスタ。

■12時頃、出発。マルガレフ(
Margalef)は、既に車いっぱい大賑わい。Ca la Martaエリアに一番近い駐車場に登って行こうとしたら、2台車がバックで降りてきた。ってことは当然満車。 仕方なく下の駐車スペースの一番奥に車を停めて歩くことにした。
■13時頃、岩場に着くが、当然のことながら大賑わい。私の目標の7aも登っている人がいる。短いが急登なので、汗びっしょり。一昨日より暑くて、風がなま暖かい。

汗が引くまで少し休んで、6aでアップのはずが・・・。
ダンナが「6aにしてはやけに悪いな。本当に6a?」と言ったところで、私が思い違いに気づき「6cでした、ごめんなさい」。ダンナが体感6b+と言うので、テンションかけかけトップロープで登てアップ。

■目標の
Pedopulsion 7aが開いたところで、ダンナにヌンチャクをかけてもらいルート確保。アップから1時間くらい休んで、1便目。気合いで、RPしました!4年ぶりの、7aです。登りやすいと教えてくれたM村夫妻に感謝!

■ダンナがL1(
Ave felix 6c)+L2(Anys i anys 6c)をオンサイト。L1は難しいというので、私は触らず。

レストしていると、黒い大きな犬がダンナが食べているマドレーヌを欲しがってロープバックに涎をだらだら・・・。これはたまらんとマドレーヌを放り投げて涎は回避。マドレーヌはわんこの物に。見事な攻撃でした。

■いつも大人気の
Rocambolets 6b
ビュークス(
Buoux)っぽい岩で面白そうとずっと思っていたので、オンサイトトライをすることに。暑くて大変だったけど、マスターオンサイトできました。

■ダンナも登って、トポに書き込みをしていて、「あれ?さっき登った6cってこっちじゃないの?」って。私がまたまた勘違いしていた。さっき登ったのは
Farruquito 6cだったのに、私がMenisco hecho cisco 6cと言ったので、ダンナがMenisco hecho cisco 6cに登ったチェックを入れてしまったのだ。

ダンナが「チェックしてしまったならしょうがない」と、日陰でも暑い陽気の中で、日が当たっている
Menisco hecho cisco 6cを登って、オンサイト。

■まだ17時半だし、そんなに登ってないし、どうしようかな〜と、ダンナは悩んでいたが、終了。

駐車場の車は減っていたが、お泊まり組もいっぱい。フリーキャンプも大賑わいで、ほとんどスペインの車。もうこれは間違いない、スペインも連休だ!
Pedopulsion 7a をレッドポイント!!

Rocambolets 6b をマスターオンサイト。

■18時半頃、キャンプ場に戻ってきた。
常連さんいつもなら、日曜のこの時間には帰ってしまうが、やっぱりまだいる。
時間が早いので、ビールを飲んでから洗濯。
今日は夕日が始まる前の外ご飯。20時回っても、裸足で大丈夫なほど、暖かい。

★夕食★
Aldyで買った、ハーブ付け豚肉を焼いて
ダンナが作った野菜スープ
(ブロッコリーの芯、トマト、ベーコン、優しい味)
ブロッコリーとエンダイブのサラダ
ご飯、しそわかめのふりかけ
ラマンチャワイン
サラミソーセージ

■片づけをしてから、Wi-Fiコーナーへ。
昨日は夜中まで、みんな大騒ぎしていたが、今日は早い時間にお開きになったようだ。

■0時過ぎ、お休み〜。

≪ダンナのコメント≫
Margalef(マルガレフ)でのクライミングも大詰め。今日・明日で最後です。
まず今日はオクサンの日。調子がだんだん良くなってきたオクサンですが、ようやく目標グレードの7aを達成です。
Pedopulsion 7a のレッドポイントおめでとうございます!! ついでに Rocambolets 6b もヌンチャク掛けながらオンサイト。次の岩場も楽しみですね。。。




5月28日(月) 晴れ
◆Margalef(マルガレフ)最終日。

■ 8時に起床。
夕べはなかなか寝付かれず1時間おきに3回トイレに行った後、やっと眠れた(3回目のトイレの時、ダンナもトイレに起きたが、その後ダンナは入れ替わりに眠れなくなったらしい)。それでも私は気持ちよく起きれた。10時回っても今日は28度(いつもはとっくに30度越え)で、涼しいのかな?
コーヒー、シリアル、チョコをかじる。

★朝食★
オレンジ
サーディーン缶の全粒パスタ+パセリ&ガーリック

■11時半頃、レセプションに行ってキャンプ場の支払い。「明日キャンプ場を発つ」と伝えたら、おばちゃんが「行っちゃうの?寂しいわ!」と泣きまねのジェスチャーをして「あなた達とよい時間を過ごせた。」と言ってくれた。「またあ会えるかしら?」との質問に「Two years later!」必ず来ます!明日出発前に写真を撮らせてね!とお願いしたら「綺麗な服着てこないとね!」って、See You Tommorow!

■12時過ぎ、出発。
マルガレフ(
Margalef)のRaco de les Tenebresエリアへ。このエリアは難しい課題しかないので、Bloc del Porkエリアで簡単な課題を登ってからいくつもりだったが、メインエリアには誰もいないのに、ここの日陰面はローカルで満員御礼だった。日向で登っている人もいるが、暑そう。6台が並ぶ中に1個だけ7b+プラスのルートがあるが、ピンがハンモックのフックにされていた。確かにここで7b+を登る人はいなそう・・・。登るつもりだった6a+は2本ともトップロープ常駐状態で諦めた。
Raco de les Tenebresエリアは貸し切り。
まだ右側の壁は日が当たっていて、もう少し待つ必要がありそう。今日もやっぱり暑い。ゆっくりアップと思ったが、イギリス人カップルが来たので、ルートがバッティングしないよう慌ててアップを始めるが、イギリス人カップルは荷物を持っておらず、すぐいなくなってしまった。

Mugronet 6cをダンナがアップで登った後、トップロープで登った。かなりお買い損の6cだが、前回よりまともに登れた。前傾ポケットムーブでパワフルで良いルートだと思う。

■休んでいる(ダンナはロープの上で昼寝)と、ローカル3人組とさっきのイギリス人カップルが来て、登り始めた。

ダンナ、
La corba de la fericitat 7cをオンサイト。続いて、Chupa sangre 7cもオンサイト狙いで行くが、出だしでフォール。一回降りて登りなおして、RP。惜しかった。遠いホールドを唸り声上げてつかんでは引きつけの繰り返し。登り切るとローカルとさっき同じルートで苦戦していたイギリス人カップルが笑顔で祝福してくれた。もう一本7cがあるが、ローカルが登っているので次回にとって置くということで、ダンナ本日終了。

■さっきのエリアに戻って登ろうかと帰りのアプローチでダンナが「(この前登らなかった)6bも陰ってるよ」っていうので、どっちを登ろうかと気もそぞろになったところで、滑って転んでお尻を強打。しばらく動けず・・・。で、私も終了でした。

今日は風があって、昨日ほど暑くなかった。
マルガレフ(
Margalef)とは今日で当面お別れ。
2年後にまた来るからね〜。
La corba de la fericitat 7c のダンナ。
ヌンチャクかけながらオンサイトです。
Raco de les Tenebresエリア
今日でMargalef(
マルガレフ)は終了。
また来れるといいな。。。

■18時過ぎ、 キャンプ場着。
テントの中が23度と、やっぱり今日は涼しいらしい。風があるので、今日はテントないごはん。

★夕食★
インゲン豆の缶詰
肉団子の缶詰
ダンナの野菜スープ
ごはん
Aldyで買った、ラマンチャワイン

食後にポテチとサラミソーセージ
20時には、20度切って寒くなってきた。
21時過ぎ、Wi-Fiコーナーでブログアップ。
0時過ぎ、お休み〜。

★今日のルート★
−−私−−
Mugronet 6c トップロープ
−−ダンナ−−
Mugronet 6c アップ
La corva de la felicitat 7c オンサイト
Chupa sangre 7c 2撃

≪ダンナのコメント≫
■マルガレフ最終日は私の日。Raco de les Tenebresエリアへ7cのオンサイトを試しに行った。
La corva de la felicitat 7c はヌンチャクを掛けながらオンサイト。際立って厳しいムーブはないが、長く前傾の楽しい耐久ラインでパンプした。楽しかった。
Chupa sangre 7c は発進で失敗、一撃はならず。発進やり直しトライでそのまま完登。ハードなムーブを初見でこなして会心のレッドポイントだった。ムーブを決めるたびに、見ていたイギリス人とスペイン人から「オ〜!」と歓声。とても楽しかった。
■このエリアにはまだとても面白そうなラインがあるけど、あまり触ってしまうと、また来る楽しみが無くなってしまうので、今日はここまで。ローカルたちに挨拶して駐車場へ。楽しかったマルガレフ(
Margalef)クライミングもこれで終了、景色も見納めです。
オクサンは帰りのアプローチで激しく尻モチ、お尻を打撲。オチがついたけど。。。f^_^;