プロヴァンス滞在記


滞 在 日 記  (2008年-7)
2008/6/22(日) 〜 7/2(水) ドイツ〜帰国



6月22日(日) 晴れ
◆ドイツ(フランケンユーラ)へ移動

■8:15起床。目標より15分早く起きた。
夕べ、ダンナがトイレに行ったとき、テントの外側の入り口を開放したので、蒸し暑くなくよく眠れた・・・が、のどが痛い。風邪ぶり返し?

コーヒーを入れ、クロワッサン&アップルパイをかじり、すぐに片づけを始める。

晴れていて日向は非常に暑い。
10時過ぎ、大方片づいて、ダンナがシャワーを浴びにいく。
マルセル宛のメッセージカードをつけて、テーブル・いす・テントを紐で繋いで小屋に入れた。

■11時過ぎ、出発。
途中のパーキングでサクランボを買った。
1kgで3ユーロ、おいしい!
→Forcalquier
→レペニタンデメは通過するときは、いつも晴れ。
→GAP
→やっとポストを発見し、出せずにいたハガキを投函
→Grenoble
→高速にのり、途中のパーキングでサンドイッチとコーラを買った。 ・・・私が買ったサンドイッチは激まずだった。
→Albertville(アルベールビル)
→Ugineから先通行止め(2年前も通行止めだった)峠道を通って迂回。 登って登って曲がって曲がって・・・やっと元の道に合流。
→Megve
→Camonix向かう途中からMon-Blancの頂上が見えた。パーキングからは雲がかかって見えず。
→氷河が見えるパーキングへ。前回より氷が少ない気がする。
セユーズ(Ceuse)
高速道路の出口で撮影。

→Montoreux→Bulle→Fribourg(写真ポイントをチェック)
→BERN・・人がいっぱいいた。薄暗くなってくる時間帯に通過。
→Solothurn→Basel手前で迷う。高速の標識がでない。
→Basel
→無事高速に乗る。パーキングでシュニッツェルサンドを食べた。肉厚で良いのだが、冷たいので残念。
→高速移動中、すごい雷!パーキングで2時間ほど仮眠。
→KARLSRUHE→もう一回パーキングで2時間ほど仮眠。
→Hilbroun
→NURNBERG

スイスもドイツも国旗がいっぱい。祝日?

■8:30 アイヒラーに到着!

≪ダンナのコメント≫
■恒例の、ドイツへの長距離移動。 毎回のことですが目的はクライミングではなくて、ドイツビールと食事を堪能すること。。。ついでに日本への荷物送り返し。今回は、テントやテーブル・椅子などの大型の道具はボニューのキャンプ場にデポ出来ることになったので荷物はだいぶ楽。マルセルありがとう。。。



6月23日(日) 曇りのち晴れ
◆Weissenstein(ヴァイセンシュタイン)

■8:30アイヒラーに着いた。
曇っていてどんより、今にも雨降りそう。。。

マルタに挨拶。
私たちが滞在する間、丁度空いていて、ヒュッテを借りることができた。
とりあえず貴重品だけヒュッテに運んで、お休み〜。

■11:30頃、目覚まし時計の音で起きた。
ずっと運転していたダンナは疲れて辛そう。

コーヒーを入れ、桜ん坊を食べた。

暖かいシャワーを浴びて元気が出た。
1回1ユーロで5分間、たっぷりお湯がでる。
お腹が空いて目眩がするので、一昨日買ったクロワッサンを食べたが、激マズだった・・・。

14時頃、残りの食材でダンナがサーディーンパスタを作ってくれた。

★昼食★
サーディーンパスタ、パルメザンチーズをたっぷりかけて。

エコ先進国のドイツとあって、ゴミ分別が以前よりさらに複雑になり、いろんなゴミ箱が置いてある。
でも中を覗くと、みんな思い思いに捨てているようで。。。どう分けたら良いか、よく分からない!!

■14:30頃出発。

ObertrubachのEDEKA(スーパー)へ。
ここでDHLの受付もしている。
スーパーの中に郵便局がある感じ?
私たちのことを覚えていてくれて、実に親切に対応してくれた。
梱包用の紙が売り切れていたので、3日後の水曜日の午後以降にもう一回来てとのこと。フランスと違って、在庫管理もしっかりしている。

牛乳を買ったので、キャンプ場に1回戻った。マルタが冷蔵庫を使っていいって言ってくれたので、牛乳も買える。
■16時頃、岩場へ。

なるべくアプローチの少ないエリアと言うことで・・・
※Weissensteinエリア

Buchenleiter 6
ダンナアップ
私、フラッシング
・・・ランナウトしているので迷ったが、 ダンナの「おいしいビールが飲めるよ」の言葉でリードした。

Man Marie 6-
ダンナアップ
私、オンサイト?
・・・簡単でもオンサイトトライは楽しい。
新しいルートなので、ピンも近くて良かった。

Wilde 13 direkt 8
ダンナ トップロープかけ
私、途中敗退
・・・ムズかった、力が出ない。
ダンナ、フォロー回収
Weissensteinエリア
道の横でアプローチが便利。
時間が中途半端なときはちょうど良い。
左側の易しいルートはいつも大人気。


■18:30頃終了。
暑くて、やっとこれから良いコンディションになる感じだが、ガストホフに行かねば!

After5クライマーと思われる人たちがいっぱい来ていた。

アイヒラーキャンプ場に戻って、シャワーを浴びる。

マルタに聞いたら、今日モシュロイトはお休み。マイスターは明日お休み。あと新しいお店ができたとのこと。
4日あるから全部いける!
20時過ぎ、マイスターへ。暖かいメニューのラストオーダーが20:30だったのでぎりぎりセーフだった。

★夕食★
ダンナ・・・シュニッツェル ウィーン風
私・・・コルドンブルー
ポテトは2人分で良いのか?と聞かれ Yesと答えたら、付け合わせのポテトの他に、大皿いっぱいのフライドポテトが出てきた。
ポテトは好きだけど。。。

ケラービールを2杯づつ飲んで
お腹いっぱ〜い

キャンプ場に戻って、お茶を入れ、桜ん坊をつまむ。

23:30頃、お休み〜。
マイスターブロイ。ビールが楽しみ。
でも間違えて料理を頼みすぎてしまった。

夜ナメクジがいっぱい出てきて、ダンナが塩をかけて遊んでいた。

≪ダンナのコメント≫
■マイスターブロイのビールはホントウに美味しい。さすがマイスター。これを飲むと、長旅をしてフランケンユーラに来た甲斐があったとしみじみ感じる・・・。



6月24日(火) くもり→雨→晴れ
◆レスト

■8時過ぎ起床
コーヒーを入れる。
2日分の日記を書き終わったのが10時過ぎ。
起きたときは青空だったが、今は薄曇り。
11時頃洗濯が終わって、走りに行こうと準備を始めたら、雨。。。

■12時頃、出発。
※Bahnhof
最初の岩場見つからず。
移動中晴れた。
途中LIDLで肉団子買って食べた。うまかった!

※Rabenstein
左側、日向カンカン、右側は陰っているが羊フンだらけ。
アプローチ短いが急登
岩だけ見に行っていまいちなので却下。
他の岩場を探すことに。

ダンナ調子悪そう〜。
どこに行こうか車で思案。。。
日向の駐車場は暑くて耐えられなくなってきたので
日陰の駐車場へ移動。
結局帰って寝ることに。

途中マリエンターラーバンド方面を見に行った。Gossweinsteinでガソリンを入れて帰った。

■16:45 キャンプ場着
ダンナダウン
私はカフェオレを入れ、トポを見る。
18:00〜30分jog

■19:30 モシュロイト到着。
いつものお兄さんがいつもの笑顔で迎えてくれた。

★夕食★
ダンナ・・・シャンピニオンシュニッツェル
私・・・パプリカシュニッツェル
ケラービール2杯づつ。
ケラービール最高!!
クライミングはしなかったが食事は美味しい。
ケラービールも美味しい。。。
キャンプ場に戻り、お茶を入れ桜ん坊を食べた。
23:30頃、お休み〜。

≪ダンナのコメント≫
■今日はモシュロイトのガストホーフで晩ご飯。ここではケラービールが楽しみ。度数が少し強くて、きりっと染み渡る美味しさ。 料理は『シャンピニオン・シュニッツェル(ChampignonSchnitzel)』を頼んだが、これを注文するといつも思い出す過去の笑い話・・・若い頃、仲間とユーラに来たときに、メニューの綴りを読み間違えて『チャンピオン・シュニッツェル(ChampionSchnitzel)』と誤解(メニューが筆記体で読み難い)、『チャンピオンって一体どんなすごい肉が出てくるんだろう・・・!』って仲間と期待いっぱいで待っていたら、出て来たのはキノコソースの料理でガッカリしたっけ。その頃はまだ食べ盛りだったんです。f^_^;



6月25日(水) 曇り→雨→曇り 涼しい。
◆Spieser Wand
■7:50 起床。
起きたときは薄曇り。
カフェオレを入れる。
夕べ飲み過ぎたか、だるい。
雨がパラパラ降ってきた。
9時過ぎ、ダンナと一緒に26分jog、晴れて暑い。

■10時過ぎ、オーバートゥルバッハにケーキを買いにいく。

★朝食★
ダンナ・・・いつものケーキ
私・・・ティラミス
アナナジュース
朝からケーキ。
美味しいです。
■12時頃、今日は迷うことなく岩場到着。
ダンナ、昼寝。

※Spieser Wand
アプローチ短い。

Self Control 7-
ダンナ、アップ
私トップロープ、ノーテン、簡単。

Direkte Nordwand 7+
ダンナ、アップ
私疲れて、お休み。。。
昼寝後、私トップロープ、敗退。。。
力が出ない・・・。

Beruhrung 9-
ダンナ、オンサイト

???? 7+
ダンナ、オンサイト。悪いらしい。
私、触らず。
Direkte Nordwand 7+
私、トップロープ2回目
雷が鳴り始めた
核心ムーブできず、時間がかかりすぎたので一回降りた。

****** 9
ダンナ、強風吹き荒れ・・・早々に回収して降りてきた。
荷物が飛んで行きそうなほどすごい風。
小石が落ちてきたり、いろんな物が飛んできて痛い!
雨は少ししか降らなかったが、荷物は風で砂だらけ・・・。
涼しくなった。

Direkte Nordwand 7+
私トップロープ3回目
ムーブ解った!
クリップ位置を調節すれば、RPできそう。
ポケットの縁が尖っていて痛い!
早めに撤退、17:50頃、駐車場に戻った。

川沿いの道をドライブして帰る。
岩場の駐車場で。
立派な木。樹齢何年だろう・・・?


■19:00頃、キャンプ場着。
シャワー浴びて、マルタに教えてもらった新しい店へ。
昨日見つけられなかった岩場のある村だが、店はすぐ見つかった。
ただ水曜、木曜が定休日。残念!
仕方がないので、マイスターへ。

■20時前に、マイスターに到着。

★夕食★
私シュニッツェル ウィーン風(SchweineSchnitzel von Wiener art)
ダンナ、コルドンブルー(Cordonbleu)
付け合わせはポテトフライでないやつ。
おいしいが名前が分からない。
空いているのか料理がすぐ出てきたので、ビールは一杯ずつで済んだ。

■21時前にキャンプ場に戻る。
マルタが掃除している、相変わらずよく働く。
地図を見ながら観光計画。
Eco+ヨーグルトを食べながら、久しぶりにレシートチェック。

外でロウソクを灯してお茶を飲んでいたら、マルタがやってきて「Good!」ってロウソクの灯りをを誉めてくれえた。
今日はドイツVSトルコのサッカーの試合があって、みんな試合を見ているとのこと。
そのせいでキャンプ場は静かだ。ドイツ国旗が町に溢れているのと、トルコの国旗を見かけたのは、この試合のせいかな?

23:30頃お休み〜。
何故か熟睡できず。。。
なかなか眠れなかった。

≪ダンナのコメント≫
■今日の岩場は初めて。駐車場の巨木がとても立派で印象的だった。非常に便利な場所の岩場だがまだ開拓されて新しい。大きな岩場ではないが、前傾でいかにもユーラっぽい良い岩場。こんな岩がまだまだあるんですね。ユーラは奥が深いと感心した。
■今日は最近出来た評判のガストホーフに晩ご飯を食べに行きたかったのだが、残念ながら定休日。マイスターブロイに変更。今日もマイスターのビールを堪能した。



6月26日(木) 晴れ→薄曇り→晴れ
◆Andeltodrom

■8時に起きるが、調子悪い。。。
真上の空は晴れているが、西の空に雲が沸いている。。。
アイヒラーで朝食をと思っていたが、今は朝食セットは出していないらしい。
売店で種がいっぱい入ったパンとバターを買った。
コーヒーを入れたが、濃すぎた。
だるくてやる気が出ない。。。

■10時頃、オーバートゥルバッハのEDEKAに梱包用の紙を買いに行った。
ダンナが日本に送り返す荷物を梱包する間、私は洗濯。
マルタが出かけてしまい、計量用のヘルスメーターを借りることができないので、荷造りは中断。
ダンナも洗濯。
私はだるくてダウン。。。

■12時過ぎ、マルタが買い物から帰ってきたので、ヘルスメーターを借りる。
まずは自分たちの体重を計ってみた。。。
体重変わってないのは何故?このお腹の肉は???

荷物の重量計って荷造り。約19kgでした。

■13:30頃、GoB・・・のDIDLへ買い出し。
肉団子を買った。
帰りにObertrubachのEDEKAに荷物を出しに行った。
お店のお兄さんは、最後まで実に親切だった。

一旦キャンプ場に戻り、ハムと肉団子を冷蔵庫に。
■15時頃、出発。

※Andeltodrom

前回来たときと景色が変わっていて、かなり迷ってしまった。
すずしいけど、明るくて、快適な岩場だ。

私だるくてアプローチも辛かった。。。
貧血っぽい、昨晩よく眠れなかったし。

Mugamba 7-
ダンナ、アップ

? 6+ たぶん。。。
ダンナ、アップ

Runder-scheiーnung 6
ダンナ、アップ

私登らず、休憩
Andeltodrom
コンパクトな岩場ですが、
前傾でパワフル、面白いルートが並ぶ。

Mugamba 7-
私トップロープ1回目
・・・力全くでず。

Cunbawumba 9
ダンナ、オンサイト
・・・お買い得でも、うれしい〜って。

Mugamba 7-
私トップロープ2回目
・・・核心ムーブ解決できず。

天気は薄曇りとなる。

・・・・  9+
ダンナ・・・出だし核心
時間がない(ガストホフに間に合わない)ので、ムーブ解決せぬまま回収体勢。
Mugamba 7-
私、トップロープ3回目
すでに18:30を回っている。
19:00には降りようと話していたので、速攻で回収せねば。
・・・と気合いが入り何とノーテン!頑張りました。
いつもこの気合いがあれば。。。

■20:00前 モシュロイト到着。
今日は岩場から直行。

★夕食★
ダンナ・・・コルドンブルー
私・・・豚肉のステーキ
ケラービールを一杯づつ

晴れて来た!

■21:00頃、キャンプ場着
シャワーコインとバイスビールを買いに行く。
ついでにヒュッテ代も精算。
モシュロイトで晩ご飯。
ケラービールも飲み収め。。。

さよならだからと言って、マルタがチーズケーキをくれた。
外でバイスビールを飲みながら、チーズケーキをかじり、観光日程の打ち合わせ。

さすがにお腹いっぱい、シャワーは明日浴びることにして、足だけ洗った。

■22:00ヒュッテに戻る。
■23:30頃、お休み〜。

≪ダンナのコメント≫
■今日の岩場は、前回も来たお気に入り岩場の一つ。コンパクトだけど素敵な前傾壁。アプローチも近いし、時間が中途半端なときにちょうど良い。 9(5.12ノーマルくらい?)もオンサイト出来たし、今回のヨーロッパツアーの登り収めとしては良い思い出になった。
■晩ご飯はモシュロイト。食事中に晴れてきて西陽が射して気持ちよかった。ケラービールも飲み収め。次はいつ飲めるかな?



6月27日(金) 晴れ、時々曇り
◆移動

■8:30起床。目覚まし時計の音で8時に目は覚めるが、起きれず。。。
晴れ、でも涼しい。
お約束で、体が重い。
コーヒーを入れる。

荷物が少なくなって楽なはずのパッキングが何故か難航。
いらない物を処分するのが大変!
ロウソクとキャンピングガスは隣のイギリス人が貰ってくれた。
タッパーとかバケツ、たらい、鍋、まな板・・・はマルタが貰ってくれた。
ドイツはEco先進国でゴミ分別複雑なので、ゴミを捨てるのも一苦労。
フランスならまとめてドンって捨てられるのに。。。
マルタが買い物に出かける前に「さよなら」と言って、またチーズケーキをくれた。

出発が12時を回ったので、マルタが買い物から帰ってきた。
もう一回「さよなら」ができた。

Obertrubchでパンを買った。
晴れたり曇ったりの天気。

■13:30頃、パーキングでご飯。
マルタがくれたチーズケーキ
(ケーゼクーヘン)

★昼食★
パン&肉団子&トマトペースト
ここのパーキングのゴミ箱が凄かった。
深い、でかい、井戸状態。
ここでは何でも捨てられそう・・・。

■18:30頃 パーキングでサンドイッチを食べた。
パプリカハムが美味しかった。
来るときもそうだったが、対向車線が大渋滞、事故かな?

→18:55 MULHOUSE
→20:22 BESANCON
→20:50 Doleのパーキング

パーキングのベンチで夕食。
パーキングで作ったサンドイッチ。
ハムが美味しい。

★夕食★
カスレ缶詰
シュークルート缶詰
トンのサルサ缶詰
パプリカハム
ドイツのパン
Ventouxワイン

ここのパーキングは観光バスがいっぱい来て、トイレも渋滞。

お茶を飲んでから、パーキング内を散策。
少し静かそうなところに車を移動して、今日はここで車中泊。

■23:30頃、お休み〜。

2時頃トイレに行ったら、車がいっぱい停まっていてびっくり。
咳がでて、今日もなかなか眠れなかった。

高速道路のパーキングのベンチで夕食。


≪ダンナのコメント≫
■パリに向けて、移動+観光の始まりです。2年前の目的はオータン観光。今回のテーマは、ブルゴーニュの有名修道院めぐり。でも後片付けに手間取り出発が遅くなり、高速道路をひた走ったが、ブルゴーニュまで辿り着けず、高速のパーキングで車中泊。
■パーキングのテーブルで堂々と(?)お店を広げて晩ご飯。日本ではあまり見られない光景ですが、フランスでは食事時の道沿いのパーキングでは標準的に見られる風景です。



6月28日(土) 快晴 夕方雲がでてきたけど。
◆ブルゴーニュ観光

■8:15頃、起床。うろこ雲の空。
泊まったパーキングが混み混みなので、次のパーキングに移動して朝食。

■9時、朝食。
★朝食★
ドイツパンにドイツ肉団子、スライスチーズ、トマトペーストを挟んで。
インスタントコーヒー

トイレの洗面所がいまいちで顔洗えず。

■10時出発
すぐ隣のパーキングで顔を洗う。ダンナは頭まで洗っている。

■11時頃、Seurreのインターマルシェで買い出し&給油。

高速から一般道へ。一般道(N93)沿いに、トイレ付きパーキングがあった。

DAMERRY手前で火事現場に遭遇。
Chalon→Buxy→Cluny

■13時、Cluny到着。

博物館でチケットを買う。
まずは博物館内を見物。
博物館を出てすぐのところに、今は無くなってしまった大聖堂の大きさをイメージさせるためのオブジェがある。
大聖堂の入口があったところに、大聖堂の構成図を描いて置いてある。
今残っているものと構成図を比べると大聖堂がいかに大きかったが分かる。

そこから歩いて修道院へ。

修道院では、3Dで大聖堂復元のイメージ映像(10分くらい)を見せてくれる。
これがなかなか面白い!
牧師さんも見に来ていた。
クリュニー修道院跡。
巨大な大聖堂の跡地。

→Berze-Le-Chate
→Berze-la-Ville

■Chapelle des Moines見学。
入口入って左側、TVでフレスコ画作成方法を上映していた。
そこを上に上がっていくと、Chapelleのフレスコ画を有料で見れる。
ツーリストが感想を書き込むノートが置いてあり
『バスを乗り継いで遥々来ました』の日本語の書き込みがあった。
ここは辺鄙だからさぞかし大変だったことだろう、ここの見学がそれに見合うのか?少し気の毒な気がした。
ダンナは『カタルーニヤ美術館を思い出す』と書いた。

来た道を引き返す。
→Berze-le-Chate・・・来たときとは別アングルから写真を撮った。
 Berze-le-Chatel

→Cluny
→D980・・・この道沿いは湖がいっぱいある。
→Montcenisの先、前回泊まったホテルに18時頃到着。
しかし、ホテルのドアだけ開いていて、Barもフロントも閉まっている。
しかたないので他のホテルを探すことにした。

→Autun通過
→Sanlieuも通過・・・★★HOTELあったが、90ユーロくらいだった。
→D70沿いのホテルで聞いたら”Complelte”(いっぱい)って言われた。
→Semur-eu-Auxoisも高そうなホテルしかなかった。
この付近で自転車レースがあるらしく、このあたりのパーキングも路上(路駐)もキャラバンでいっぱい。

→Mentbardでやっと手頃なホテルを見つけた。もう20時過ぎ。
4人部屋でトイレ共同で50ユーロ・・・まっしかたないか。
■20:30頃、近くのレストランへ。

★夕食★
テーブルワイン& 24ユーロ MENU
前菜
 ダンナ、サラダ・・・肉が乗っていてうまい!とのこと。
 私、エスカルゴのビーフシチュー味みたいな?
    土の味がしてまずかった。
主菜
 ダンナ、ポークなんたら、うまい!とのこと。
 私、牛肉のなんたら(レア)・・・肉が堅かった。
デザート
 生チーズ、うまかった!
 イールフロッタント
  私は最初チョコレートのなんたらを頼もうと思った
    のだが、店員さんがかなりきついというので・・・。
近くのレストランで晩ご飯。
ここの女性の店員さんはテキパキ働き非常にやり手だが、愛想が悪い。

感想は・・・いまいち。。。

ホテルに戻ってシャワーを浴び、ゆっくりした。

■0:40頃、お休み〜。

ダンナは中世物のTV番組を見ている。

部屋中を蚊が飛んでいてダンナが退治。
天井が高いので苦労していた。

また蚊が入ってくると嫌なので窓締め切り。
暑かった・・・。

≪ダンナのコメント≫
■今日の目玉はクリュニー修道院。 歴史上、非常に興味深い遺跡(!)なのですが、フランス大革命以後の略奪・破壊・荒廃がひどいので、いままで敢えて見学に行くことがなかった。(目の前は何度か通過したのだが。) 今回初めてじっくり見学。 遺跡だが、『往時はどのような大建築だったか』繁栄を極めた頃のイメージを見学者に分かってもらうように、さまざまな工夫がなされていて、とても面白かった。一度は訪れる価値がありますね。
■クリュニー近辺の礼拝堂を見たりお城を眺めたりした後、前回泊まったホテル(安ホテルだが料理がすごく美味しかった)を目指したが、到着してみるとドアは開いているが中には誰もいない。定休日でもないし・・・。ホテルも、バーも、レストランも・・・中に入って大声で呼んだが誰もいない雰囲気・・・。何かあったのだろうか?? いつまでも待っていても仕方ないので、先に進むことにした。・・・が、進行方向になかなかホテルが見つからず。あっても場所不相応に高いか満室。途方に暮れかけたが、明日の目的地のすぐ近くまで来てようやく折り合いつくホテル発見。晩ご飯は近くのレストランに行ったがイマイチ・・・?値段相応なのか?当初の目的宿との落差が大きいのでちょっと残念だった。



6月29日(日) 快晴 夕方から雲が出た。
◆ブルゴーニュ観光

■8時起床。快晴!
シャワーを浴びて、9時頃ホテルのバーで朝食。

★朝食★
コーヒー、カフェオレ
バケット、バター、ジャム・・・(バター山盛り!至福)
クロワッサン
オレンジジュース

■出発
→MontbardからFontenayへの道が分からず迷っているときに
 カナル(運河)切り替えポイントを発見!
 船が入ってきて出ていくまでを見学したが、面白かった。

カジノスーパーで買い出し。
Police(警官)に道を聞いてFontenayへ。

■フォントネー(Fontenay)修道院を見学。
戻る途中パーキングでサンドイッチを食べた。
→Montbard
→Semur-en-Auxoisへ。

Semur-en-Auxois観光
自転車レースをやっていて街中には車が入れないので、仮設パーキングと思われるところに車を停めて歩くことに。
街中がレースコースになっていた。
観客がいっぱいいて盛り上がっていた。
私たちも一緒に観戦し楽しかった。

Chunpiennats de France
結構大きな大会みたいで、応援している選手のTシャツを着ている人がいっぱいいるし、チームレースなのでチームの垂れ幕がいっぱいあった。
ツーリストもレース一色になっていた。
自転車レースのルールを勉強したいと思った。

監視員の人がピーピーと笛を吹くと、先導車の後に自転車一杯ついてくる。
なかなか見応えがあった。
ツールドフランスも機会があったら生で見てみたいな〜。
Semur-en-Auxois
(スミュール・アン・オーソワ)


街を散策して、出発。

→Guillon
 街役場前のベンチ付き(トイレもある)パーキングでサンドイッチを食べた。

→Noxers
 最も美しい村の看板があった。

→Chablis

■18時頃、Pontigny到着。
  修道院見学。写真ポイントから写真。

→Auxerre
Pontigny(ポンティニー)修道院。


・・・
パーキング探し 、決まったの20時頃。
パーキングで食事。

★夕食★
ハム
カネロニ缶
シュークルート
なす野菜缶
マギーのBollon・・・おいしい!
Ventouxのワイン。

・・・不覚にも食べきれず、残してしまった。

不用品の処分。
ダンナお湯沸かして、お湯浴び。

お茶飲んで、23時過ぎお休み〜。
今日もパーキングで夕食。
あまった食料がたくさん。食べきれず。

蚊が出るので締め切り。
あちあちの車の中で車中泊。

明け方は冷えた。。。

幹線道路なので、車の出入りも多く、うるさかった。

≪ダンナのコメント≫
■今日の目玉はFontenay(フォントネー)修道院。有名なシトー派の修道院だったが、ここも大革命以後きびしい運命をたどり、現在は個人所有で、修道院としては機能していない。個人所有であるにも関わらず世界遺産に登録されていることでも有名。とてもよく管理されているのですが、やはり修道院ではない・修道士がいない・祈りの雰囲気がないのが残念。セナンク修道院などと比べて何か物足りない寂しさがあり。まあ、個人所有になったおかげでこれだけの管理がなされて荒廃を免れたのだから仕方ないことではあるが・・・。でも『世界遺産』って・・・一体なんなんだろう?
■今日も高速道路のパーキングで車中泊。晩ご飯はベンチで、ここまでの旅で余った缶詰や食料を広げたが、食べきれないほどの量だった。とても美味しいので残念なのだが、残ったものは捨てるしかない。。。



6月30日(月) 曇りのち快晴!
◆パリへ

■7:50起床。
私はコーヒーを入れ、ダンナは荷物のパッキング。
不要品を一気に処分したが、それでも荷物が多い・・・。
ダンナの大切なCDが消えた?!

ダンナ水道で頭を洗う。

■10時過ぎ、出発。
曇っていて涼しい。

パリ手前からすごい渋滞にはまり、パリに入ってからもここ最近迷ったことのない道で迷ってしまった。やっと車を停める場所を見つけ、ダンナがホテルを探しに行く。

ダンナ走りまわり、車番をしている私のところに汗だくで戻ってきた。
4件断られ、4件目で紹介してもらったホテルにようやく空いている部屋を見つけたとのこと。

■13:30 チェックイン
午後は快晴!
ルノーに車を返しに行く。
いつも返していた場所から別の場所に移転していて、
非常に分かりにくい。
一回通り過ぎてしまった。。。

■14:30 到着。
車の調子が悪かったこと、エアコンとワイパの不具合について説明し、返却した。

メトロで St Michelへ。
お約束のドネルケバップを買い、教会横の公園で食べた。
豚肉はおいしかったが、パンがまずかった。。。
■18時頃、オビューカンプールへ。
クライミングシューズとチョークバックを買った。
残念ながら次回のためのトポは見つからなかった。

ホテルまで歩いて戻った。
19時前、ホテルに到着。

夕食は買い出しで済まそうということになり、すぐ買い物に。

スーパーで買い出し。
まだ時間あるし、せっかくなのでメトロでエッフェエル塔を見に行くことにした。
カルネも余っているし。

■20時頃、エッフェル塔へ。
あまり興味なかったのだが、なかなか綺麗でカッコ良い。
エレベータではなく、階段で上まで上がることもできる。
ここまで来たからには、歩いて登る気満々であったが、
ワインを持って登ることはできない!と断られてしまった。
落下して凶器になるものは持ち込めない。
荷物チェックでOUT!
次の機会は買い出し前に来ないとね。
ベンチに座って雰囲気を楽しんだあと、メトロでホテルへ。

シャワーを浴びて、ご飯。
エッフェル塔
西陽が当たってきれいだった。
★夕食★
ハム
野菜入りトン缶
パテ
パン
チーズ
トマトペースト
ナッツ
Vetouxワイン
・・・今日は質素に?

パリのレストランには裏切られることが多いので・・・。
安くて美味しいもの食べたことがない。

日記を書いたりしながら、くつろぐ。

■12時頃、お休み〜。
ダンナはまだメール&ブログ書き込み中・・・

夜蒸し暑く窓全開で寝たら、朝冷え込んで体が冷え切ってしまった。

≪ダンナのコメント≫
■パリへ! しかし寝坊した上、パリへ入る高速道路・環状道路は大渋滞、パリの街も大渋滞。 寝坊してしまったので渋滞は当然なのだが、相乗効果でカルチェラタンに着いたのは昼過ぎ。 最悪だ!この時間からのホテル探しは大変です。予約なし・飛び込みでホテル探しは朝イチが勝負なのが定石。 まずはいつものホテルを目指したが『complete』。周囲の、思い当たるホテル2件も『Complete』。 ホテルを探して汗びっしょりでランニング・・・。4件目のホテルも『complete』、どうしようか・・・とため息が出掛かったところで、ここのフロントの人が、『すぐ近くのホテルにまだ空きがある。私がそこに連絡するから、今から行って、「ホテル**の**で予約があるから」と言いなさい』と・・・。ホテル同士で、協定かバックマージン・紹介料のやり取りでもあるのでしょうか? でも私にとっては、まさしく 『渡りに船』!? 紹介された5件目でようやく決まりました。値段もパリの安宿の標準レベル。よかった。。。
■ホテルの部屋へ荷物を降ろして、その足で車の返却のためルノーのオフィスへ。いろいろ不具合があった今回のルノー・クリオ君もこれでお別れです。足元に風が出ないし(納車時から)、ワイパーを動かすと窓枠まで突き当たるし、最後の頃はオイル警告も頻繁に出ていて、オイルを見たら真っ黒だったし・・・いつエンジンが焼け付くか?と冷や冷やだったが・・・。3ヶ月間の走行距離は12,193Kmでした。
■オ・ヴュー・カンプール(登山用品店)でクライミングシューズ(テスタロッサ)を2足買い足し。 夕方、時間が余ったので、エッフェル塔へ行ってみた。エッフェル塔の下まで行くのは初めて。西陽が当たってきれいだった。上に登れなかったのが残念。



7月1日(火) 快晴
◆パリ観光、帰国。

■7時に目覚ましを鳴らしたが、やっぱり今日も起きられず。
8時頃、起床。
シャワーで体を温めた。
ダノンのマンゴーヨーグルトを食べ、オレンジジュースを飲んだ。
荷物のパッキングが終わったのが10時前。
■10時頃やっと出発。
ホテルのフロントで荷物を預かってもらい観光へ。
強面のフロントのおじさんにクライミングのためにフランスに来たことを伝えると、笑顔でうなずいてくれた。

いつものカフェで朝食。

★朝食★
コーヒー
パン
オレンジジュース

■メトロでサクレクール寺院へ。
今日もすごい青空でした。
階段をベンチ代わりにして、メール。

メトロで、サンジャック塔へ。
何度も見て知っていたが、サンジャック塔と思っていなかったとダンナ。 残念ながら修復中。

歩いてホテルに帰る途中、ノートルダム大聖堂をちょっとだけ覗いた。 人が多くて多くて・・・。

クッキーかじりながら歩いた。
パリのコイントイレが無料になっていて、助かる。
サクレクール寺院
快晴で見晴らしも最高。
■14時過ぎ、ホテルに戻った。
捨てたつもりのレジャーマットが荷物と一緒に置いてあり
『忘れ物かもしれないと思いとっておいた・・・』と。
とても親切なホテルだ。

荷物のパッキング調整をして、フロントのおじさんにBye-Bye

大荷物を背負って電車に乗り、シャルルドゴール空港へ。

空港でまずは一番心配な、荷物の重量チェック。

ダンナの荷物→21キロ+手荷物8キロ
私の荷物→22キロ+手荷物6キロ
・・・OK!

ホッとしたところで、サンドイッチを買い
LANポートがあるテーブルへ。
有料で接続できず。
そうこうしていると、隣に座ったフランス人の女性がパソコンのことでいろいろ話しかけてきた。
フランスではEpcの後継機が400ユーロで販売されているそうだ。
我が家は、今回旅行用にEpcを約5万円で購入して持参した。
後継機を買わないの?って聞かれたが、買うわけないだろう〜と心の中で思った。

次にDETAXE 34ユーロ戻ってきた。
やっぱり免税は大きい。

今回はトラブルなく順調、時間がいっぱいある。

■18時頃、e-Serviceでチェックインできるらしいと使ってみたが
チェックインできず。
カウンターで聞いたら、18:40からとのこと。
ちと早かった。

余った時間で絵葉書を友人に書いた。

切手を買いに行ったら、0.65ユーロ切ってしかないという。
仕方ないので8枚買って、はがき1枚に0.65ユーロ切手を2枚張った。

■19時前、e-Serviceマシンでチェックイン完了。荷物も預けた。
受付のお兄さんが非常に愛想よくかつテキパキと手続きをしてくれた。

お腹すいたので食べ物探し。
遠いカフェまで移動して、サボワ風タルトとサンドイッチを購入。
タルトは温めてくれて、とても美味しかった。
ダンナはタブレを食べたかったようだが、スーパーの4倍の値段を見て断念した。

■20:30頃、入国審査をして、免税店でお土産を買い、20:50ゲートについた。

ダンナCDを探しに行く。

搭乗

日本へ。
翌日から仕事です・・・。

≪ダンナのコメント≫
■とうとう帰国便に乗る日になってしまった。 夜の便なので、午前中はサクレクール寺院へ行ってみた。昨日のエッフェル塔に引き続き、ここも行くのは初めて。 いままでマイナーな場所にばかり行ってたので・・・f^_^; 眺めが良くてなかなかいいもんですね。。。
■早めに空港に行ってのんびり出発待ち。帰国したら翌日から仕事です・・・。また次回を楽しみに頑張ろう!






次の年・2010年(1)へ進みます。