プロヴァンス滞在記


滞 在 日 記  (2012年-1)
2012/3/28(水) 〜 4/6(金) 出発 〜 Bonnieux



3月28日(水) 曇り、夕方雨。
◆出発(まずは成田まで)。

■15時過ぎ、出発。
Bニさんが車で小杉の駅まで送ってくれた。
成田まで送ろうかと言ってくれたのだが、渋滞が心配で断ったら、小杉まで送ってくれた。

マルセルのアパートに色々物を預けてきたから、荷物はだいぶ少なくなるかと思ったのに、やっぱりいつもと変わらず大量の荷物!小杉の駅まで送ってもらって助かった。
小杉からは乗り換え無しなので、だいぶ楽できました。

■小杉で15時50分の電車に乗り、17時30分に成田駅に到着。お腹が空いたので、立ち食いそば屋で蕎麦を食べた。
ホテルまで行ってしまうと近くに店がなさそうなので、コンビニで買い出し。
Bニさんのお迎えを待つ・・・。

■18時40分の送迎バスで成田ビューホテルへ。
本当はM村夫妻と同じ駅前のホテルを予約しようと思っていたのだが、じゃらんに最初にアクセスした時はまだ予約可能だったのに、登録終わって再度アクセスしたら予約不可になっていた。始めからなかったのならしょうがないと思えるけど、タッチの差で無くなってしまったのは、ちょと悔しい。

送迎バスは、駅でお客を拾った後、イオン(スーパー)により、東南アジア系のお買い物帰りのお客さんを沢山載せて、ホテルに向う。
大きなザックを背負ったまま(降ろすことができなかった)バスの狭いシートに座り、膝サポーターをしたままだったので足が痺れて来た。長い15分だった。

ホテルでは、お酒飲みながら、携帯でメールしたり、PC開いたりして、23時就寝。

≪ダンナのコメント≫
■出発です!・・・とは言っても、今日は成田のホテルまでの移動。
過去10年はエールフランスの深夜便で往復していてすごく便利だったのですが、『AF深夜便の発着が羽田に変わってさらに便利・・・!』と思ったら料金がバカ高!!やむなく今回は、往きはスイス・エアライン、帰りはルフトハンザの組み合わせになった(エールフランスとの価格差は二人でなんと15万円!)。
結果、途中乗り換えありのNice(ニース)往復となり、ややこしくなった。フライトも朝なので、前日の今日は、まずは成田まで・・・というわけです。
■飛行機の件もそうですが、今年は過去10年間の慣れを払拭して、【行き詰まり感】を破るためにスペインをメインに予定しています。スペインには・・・2008年に
Rodeller(ロデジャール)に1週間だけ行ったけど、その前は1999年・1996年・1993年にSiurana(シウラナ)周辺とMontgrony(モングローニー)周辺で登っています。その頃にLleida(リェイダ)周辺で岩場の開拓が進んでいる事を聞かされてたが、あまり情報もなく・・・。
今回はその
Lieida(リェイダ)周辺が焦点です。観光も楽しみ、昔とずいぶん変わっているんでしょうね。。。




3月29日(木) 晴れ(日本)→晴れ(ニース) 
◆出国〜フランス入国です。

■4時半、起床。
シャワー浴びて、5時半出動。

■6時10分のシャトルバスで成田空港へ。
■7時過ぎ、空港でM村夫妻と合流。

■7時30分チェックイン手続き完了。
荷物を預けて一安心したところで、買出し。
マルセルとアンリへのお土産(漢字Tシャツと一番組ロゴのはっぴ)を買った。

■9時過ぎセキュリティチェック、登場ゲートに入る。
■10時過ぎ搭乗して、11時離陸。

長いフライトの始まりです。
いつもは夜便でただひたすら寝ていけば良かったのだけど、今回は朝の便なのでそうも行かない。(いつものエールフランスがあまりに高かったので、今回はスイス航空になった。エールフランスが羽田発になったので楽出来ると思ったのに・・・差額が2人で15万円では、選択の余地無し!)

映画を4本見た。
I’Robot
In Times
あとなんだっけ?忘れた。お楽しみの機内食
昼食
ボルシチ、そば、サラダ、パン、チョコパイ、赤ワイン
間食
チョコ、アイスクリーム、しゃけおにぎり
夕食?
野菜リゾット、マドレーヌ

■現地時間16時にチューリッヒ到着。
乗り換えが遠くて大変(地下鉄で移動)。

■17時にチューリッヒ発、18時にニース到着。
いつものようにダンナが空港の専用電話でルノーユーロドライブの事務所に電話で連絡をすると、英語を流暢に話す若いお兄さんが迎えに来てくれた。
事務所で簡単な手続きをした後、車を受け取る。事務所がお引っ越しするそうで、車返す時は連絡してねと言われた。

今回はナビ付きの広くて快適なカングー。
本当は車上荒らしが心配なのでナビなしが良いと言ったのだけど、ナビなしがなかった。ナビなんていらないのにとダンナは言っていたが、後々結構便利でお世話になた(夫婦の喧嘩がかなり減りました!)。
ここまでは順調だったのだが。。。

ニースで一泊すべく(ニース
NiceからボニューBonniuexは遠いので・・・)、ホテルを探すが、ニース近郊は道が難解でなかなか見つけられない。

私がナビ失敗して迷走し、Uターンしたところで、ホテルを発見。訪ねてみたら、親日家のオーナーで宿泊代も安くしてくれて、遅い時間なのにディナーも用意してくれた。

ディナーはワイン2本(/4人)付きで一人20ユーロ。ハム、生ハム、フォアグラの前菜と、うさぎ肉のメインディッシュ、ソルベのデザート
大ラッキー!怪我(私の方向音痴)の巧妙?

■22時半頃、夕食終了。
シェフと記念撮影し、部屋に戻った。

長い1日だった。

成田空港出発ロビーで。
後ろは搭乗予定の飛行機。
ニースで飛び込んだホテルでの食事。
ウサギのモモ肉、きのこソース。
ホテルのシェフと記念撮影。
親切なお兄さんでした。
デザート。
美味しかった。
≪ダンナのコメント≫
■とうとうフライト。空港で(新婚の)M村夫妻と合流。M村夫妻は3週間予定です。
■10時半成田発のフライトでチューリッヒに16時頃到着、すぐ乗り換えでニース到着は18時過ぎ。時差と乗り換え含めて16時間?はとても辛かった。。。今回は特に出発前から体調不良(風邪)で、機内で激しい頭痛に悩まされて、一体どうなる事かと思った。。。
■ニース(
Nice)に着いて、車(ユーロドライブ)も順調に受け取ったが、ホテル探しで大変・・・。郊外を行ったりきたり、道に迷って・・・途方に暮れたところで、たまたま見つけたホテルに飛び込んで、閉店間際の雰囲気だった(ホテルの)レストランのシェフに相談したら快くOK。遅い時間なのに食事も用意してくれた。食事もとても美味しくて素晴らしい。 とても長い、疲れた一日だったが・・・、そして意外な結果、大満足。これこそ行き当りばったり旅行の醍醐味ですね。。。




3月30日(金) 晴れ、暑い
 
◆ニース(Nice)からボニュー(Bonnieux)へ。

■7時起床。
■8時頃、ホテルを出発。
ニース(
Nice)のデカトロン(Decathlon:総合スポーツショップ)でテント、クライミングシューズなどを買い出し。

朝ごはん?は高速のパーキングで買った、サンドイッチ。予想に反して、めちゃ美味しかった。

ブベレ(
Bouc-Bel-Air)のデカトロンにも寄って、クライミングシューズを買い足した。
クライミングシューズのバレリーナ(Ballerine、スリッパ)は、もともとデカトロンブランドのQuechuaだったのだが、Simondブランドに代わった。Quechuaマークの売れ残り靴はディスカウント。買い占めた・・・。

買出し終わって、ボニュー(
Bonnieux)へ向かう。
ビュークス(
Buoux)の岩場をちょっと見てからボニューへ。

■15時前にマルセルのアパート到着。
マルセルと再会のご挨拶。

漢字「夢」Tシャツと「一番組」のはっぴを消防士(pompier)の制服だと言って渡したら、「pompier!」って喜んでくれました。マルセルのワンコも2年経っても相変わらずやんちゃ。ドイツ人の彼女はどうしたのかな?

荷物運び込んで一息ついた後、ルクレ(E.LECLERC)で買い出し。

★今日の夕食★
パスタ+プロバンサルパスタソース+パルメザンチーズ
シュークルート(ECO+缶)
プロバンサル生ソーセージ
メルゲズ
パスタが大量で、シュークルートとソーセージが残ってしまった。

デザート
生チーズ+ペーシュジャム
ミントティー

TV点けるも、男性陣グロッキーで就寝

昨夜飛び込んだホテル。
メインはキャバレーなんですね。。
マルセルのジト(アパート)で。

≪ダンナのコメント≫
■今日はあちこちで買い物三昧。15時ごろにようやく
Bonnieux(ボニュー)に到着!疲れました。
でも、今年は
Bonnieuxにいるのは1週間だけ。マルセルのジトを引き払うのと同時にスペインへ移動予定です。




3月31日(土) 晴れ、暑い 
◆ビュークス(Buoux)でクライミング。

■8時起床。
朝食を食べてから、皆でジョギング。

2年前は気持ちよく走れたコースが、すごく辛い。
標高2000メートル以上の高地を走っているような感じ。
体が動かない。
何とか走り切ったが、ダンナに置いて行かれた。

アプト
APT)のルクレ(E.LECLERC)で買い出し。
買出しした荷物を置きに一旦アパートに戻り、またルクレによって買い忘れた醤油を買ったあと、アプト(
APT、朝市終わって片付け中)経由でビュークス(Buoux)
へ。

■14時頃の遅い出勤。
土曜日で混雑するかと思ったが空いていた。
TCFは既に陰り始めている。

ヨーロッパに来たらもしかしたら登れるのでは?との淡い期待も打ち砕かれて、全く登れず。
普通にアップでリードしていた
Alambic sortie sud 6bもトップロープでも登れず、13年前フラッシュしたZephir 6a+もテンションかけかけやっとの思いで登った。

M村さんとY子さんはランナウトに戸惑っていましたが、岩に慣れればきっと大丈夫!

ダンナは肩慣らしで、お馴染みの

Zephir 6a+
Alambic sortie sud 6b
T.C.F. 7a
Jolinouille 7a

を登る。

■19時ころクライミング終了。

★夕食★
ベーコン丼
昨日の残りのソーセージ
リュベロンワイン
Buoux(ビュークス)で、M村夫妻。

Jolinouille 7a を登るダンナ。

マルセルのジトで、晩ご飯。
明日の野菜とボーの煮込みの仕込みもして
食後に生チーズ+イチゴジャム、グレープフルーツのお茶(これ美味しい)を入れた。
日記を書いて就寝

≪ダンナのコメント≫
■初日のクライミングはやっぱり
Buoux(ビュークス)です。
プロヴァンスはここ暫く全然雨が降っていないらしく、岩場はカラカラに乾いて2010年とは大違い。気温もとても暖かくて、ここ数年間で最高のコンディションではないだろうか???
でも私のコンディションが最悪。 昨晩は久しぶりに、朝までぐっすり熟睡できたのですが、でも朝起きた時は体中が痛くてやっぱり体調最悪。簡単なルートをいろいろ登って、体ほぐしの一日でした。




4月1日(日) 晴れ
◆オルゴン(Orgon)でクライミング

■8時起床。
コーヒー入れてTVを見ていたら、M村さんとY子さんが、帰って来た。
ボニュー(
Bonniuex)のパン屋さんまでパンを買いに行ってきたそうです。
元気だ!

■朝食後、今日もジョギング。
空気が冷たくて肌寒い。
半分ダンナと走り、後半はM村さんと話しをしながら歩いて帰って来た。

■今日はサン・シクスト礼拝堂(Chap. St-Sixt)に寄ってから、オルゴン(Orgon)へ。
メネルブ(Menerbes)のドルメン

サン・シクスト礼拝堂(Chap. St-Sixt

今日は登らないつもりだったけど、皆が登っているの見たら登りたくなってBenjamin bigoudi 6a+をトップロープで登るも、途中でギブアップ。このルートもアップルートなのに・・・。やっぱり触らない方が良かった。

今日はフランソワ・ルグランを始め、強いクライマーが来ていた。
登ろうと思っていたルートが2本とも塞がっていて、ダンナ途方に暮れる。
私たちの他に4人しかいないのに、見事にバッティング。

空いたところで
Fox et Mathews 8bを登る。
「アレ!」の声援受けながら気合いの入った登りで(?割り込んだからプレッシャーかかるよね)、いい感じ。「RPできそう」と思ったけど、厳しいそうです。

最後にM村さんが皆に声をかけ、ダンナがフランソワに頼み、一緒に写真を撮らせて貰った。
フランス語会話の本を片手に、フランス人とコミュニケーションをとるM村さん、素晴らしい!

Benjamin bigoudi 6a+ トライ中のM村さん。

夕方、岩場のみんなで記念撮影。
中央・ダンナの右がフランソワ・ルグラン。

■帰りはルールマラン(Lourmarin)谷を通って帰ったが、谷に入る前に抜いて行ったAマーク(フランス版若葉マーク)の車を煽る?ナンバーはツーリストだけど、ルールマラン谷のカーブは知り尽くしているのだ!

★今日の夕食★
昨日仕込んだ野菜とボー(子牛肉)の煮込み。
M村家は大量に買い込んだパン、
我が家はごはんにワカメの振りかけ(M村家のパンも頂きました)。

大量の洗濯物を干して、食後は生チーズ+グレープフルーツのお茶
日記書いて、お休み〜。

帰りに寄り道。
Foret des Cedres の展望ポイントで。

≪ダンナのコメント≫
■今日はオルゴン(Orgon)。フランソワ・ルグランが来た。昔はオルゴンの常連だった彼だが、最近はあまり根詰めてクライミングをしていない様子?ちょっと体型が緩んで、8a前後のルートを苦労してトライしていた。
しかし私は・・・困ったことに私の仕掛かり中のルートが2つとも、ルグランのグループの若い子とバッティング。。。どちらもすごい気合が入ってレッドポイント狙い中なので割り込みにくい・・・。非常に困ったが、タイミングよく空いた時に割り込みさせてもらった。。。
■最後に
Cuir et dentelles 8a+(よくワークアウトにトライしていたルート)もやってみるが疲れてしまってボロボロ・・・。オルゴンは厳しいですね。良いエリアです。
■今日のオクサン(栄子)はビレイ専門(今日も体調悪い)。 M村オクサンはトップロープで
Benjamin bigoudi 6a+をノーテンで成功。M村ダンナは・・・昨日のBuouxの洗礼に続いて、今日はOrgonの洗礼をモロ受け??次回のOrgonに向けて気合は十分の様子です。。。




4月2日(月) 晴れ
◆ポン・デュ・ガール(Pont du Gard)へ観光。

■8時に、這い出すように起床。
朝はどんより雲り、昨晩干した洗濯物が全然乾いていない。
でも間もなく晴れてきた。

コーヒーを飲んでから、朝食

■ボニュー(
Bonnieux)のLa poste(フランス郵政公社/郵便局)に行って、M村家のお土産を送るためのColissimo(コリッシモ/送料込みの箱)を購入。
お馴染みの親切なお姉さんが対応してくれた。
会話集片手にコリッシモ下さいと言うM村さんに、包容力ある優しい笑顔。

■次に、アプト(
APT)のルクレ(E.LECLERC/大型スーパー)で買い出し。

■アパートに戻って軽く昼食を取った後、アビニヨン(
Avignon)のエスオーエスカラード(S・O・eScalade)へ。
トポとロープとクライミングシューズを購入した。
我が家とM村家で大量の買い物をしたからか、チョークボールを4個サービスしてくれた。

■そして今日のメーンイベント、ポンデュガール(
Pont du Gard)へ。
私は3回目(ダンナはもっと)の訪問だが、何度見ても「うぉ〜」って感じです。
13年前はゲートなんかなくて、駐車場もポンデュガールのすぐ下(川辺)で、遅い時間に行くと管理人がいなくなって、タダで見れた。おおらかだったな〜。
今は大観光地(有料なのは駐車場だけで、徒歩、チャリは無料です)。

いっぱい写真を撮った。

駐車場に戻るとき、日本人(年配の女性と若い女性)に声をかけられた。
カマルグが良かった、アビニヨン行くなんて話をしてたような・・・詳細は忘れてしまった。親子でもなさそうな二人。どうゆう関係なのかな?とちょっと気になった。


■帰りはカーナビの誘導でかなりマニアックな道を走り、アビニヨンの渋滞を回避できた。

■ちょっと寄り道してゴルド(
Gordes)の定番写真ポイントで写真を撮った後、メネルブ経由でボンニューに戻り、ボニューのキャンプ場をちょっと見学して帰った。

★夕飯★
ダンナ特製パエリア(?炊き込みごはん)
ボルドーワイン
デザート
生チーズ+桃ジャム

お茶しながら、日記書いて、お休み〜。

ポンデュガール(Pont du Gard

ゴルド(Gordes

≪ダンナのコメント≫
■今日はクライミングの道具の買出しと観光です。
まずはS.O.eScaladeで、トポ(Escalade les Alpilles:28euro)、80m×10mmロープ、テスタロッサ(クライミングシューズ)の3点で267.90ユーロだった。安いですねぇ・・・。この価格を知ってしまうと、やっぱり日本で靴とロープは買えないです。 観光は、ポン・デュ・ガール(
Pont du Gard)。学校の課外授業(?)の集団が多くてうるさかったのがすこし残念だった。




4月3日(火) 晴れ/曇り、時々雨
◆Buoux(ビュークス)でクライミング。

■8時の目覚まし時計のアラームで目を覚ますも起きられず、9時過ぎ起床。
M村夫妻は早起きなのに、朝食が遅くなってしまった。

起きたときは晴れ、うすい雲が出ている。

食後ダンナは走りにいくが、私はとてもそんな元気はなく、出発ギリギリまで寝ていた。出かけるの止めようかと思うほど体がだるい。

■アプト(
APT)のルクレ(E.LECLERC)で買い出ししてから、ビュークス(BUOUX)へ。

駐車場に車はいっぱい停まっているが、岩場は空いていた。TCFエリアは貸し切り。

M村さんは、
Alambic sortie sud(6b)をマスターRP、TCF(7a)も1回目でRPと順調でしたが、Papa Pas Pou(6c)は宿題になってしまいました。
でも目的のTCFを2撃ですから、おめでとう〜。
Yo子さんも小雨降る中、
Alambic sortie sud(6b)を順調にRP。
M村夫妻は2人とも成果ありですね。

ダンナは
Alambic sortie sud(6b)TCFを登っただけで終了。
一昨日の疲れがまだ抜けないようです。

私は当然ビレー専任。
大好きな
Alambic sortie sudを指をくわえて下から見上げるのみ・・・。

時々雨がぱらついたけど、問題なく登れて良かった(ダンナが
Alambic sortie sudを回収に行ったときだけ本降りだった・・・)。

■19時頃岩場撤収し、アパートに戻ってシャワーを浴びて、20時半頃フランベ(レストラン)へ。
混んでいたが、空いているテーブルがあってすぐ座ることができた。

テーブルワイン(赤)とピザ、デザートにイールフロッタントを食べた。私の注文したサーモンのピザは今一つだったが、それでもお腹いっぱい食べて大満足。

M村さんが会話集を見ながら「とてもおいしかった」と店員さんに伝えると、店員さんから「ウィ、メルシー」って、嬉しそうに返事が返ってきた。

店を出たら雨だった。。。

■22時頃アパートに戻ってきて、お茶をのみ、日記を書く。
洗濯もした(洗濯機使用)。

TCF(7a) をRPするM村さん。
フランベ(レストラン)で晩ご飯。
フランベ(レストラン)の入り口。


≪ダンナのコメント≫
■今日は天気が下り坂。朝は晴れ間が多かったが、昼からはほとんど曇り・時々小雨。ビュークス(
Buoux)に行ったのですが・・・私はなんと一昨日の疲れがレストをはさんで今日ピーク!?ひどい筋肉痛で全然登れませんでした。軽くアップだけで終了。
■不調の我が家を横目にM村家は上り調子。M村ダンナは、前回の雪辱で
Alambic sortie sudT.C.F. をレッドポイント。M村オクサンも Alambic sortie sud をレッドポイントです。いい感じですね。




4月4日(水) 雨 
◆雨なのでレスト。

■8時起床。
外はどんより曇り空。
天気は下り坂。レストにするべきか、登るべきか・・・。

ネットでメテオ(天気予報)をチェック(マルセルのアパートがWi-fi付きになっていたので気楽にネット接続できる)。
予報を見る限り今日から明後日の中で今日が一番天気が悪そうなので、本日はレストに決定。

■11時にアパートを出て、まずはラポスト(La poste、郵便局)によって、M村さんたちの荷物を送った。新婚旅行のMさんたちは、お土産がいっぱい!
■カドネ(Cadenet)経由でブベレ(Bouc-Bel-Air)のデカトロン(Decathlon:総合スポーツショップ)へ。諦めつく本降りの雨となった。キャンプ用品とクライミングシューズを購入。私はクライミングシューズ余るくらいなのだけど、ケチュア(Quechua)ブランドのバレリーナ(Ballerine、スリッパ)がまだ残っていて、44ユーロの値段に負けて購入。

■続いてペルチュイ(
Pertuis)のHyperU(大型スーパー)で買い出し。セプソーセージは手に入ったが、「豚バラ肉で巻いたひき肉」は売ってなかった。

■給油して、ラ・トゥール=デーグ(
La Tour-d'Aigues)城と、昔ダンナが仲間と借りていたアパート(下はオーベルジュ)の前を通り、マノスク(Manosque)を抜けてボルクス(Volx)へ。

雨だけど、ヴォルクス(
Volx)の岩の状態は問題なく、登れそうなことを確認。

■帰りは北回りでN100の並木道(お気に入りです)を抜けて、ジュリアン橋(
Pont Julien)に。ボンニュー周辺は雨が止んでいた。
ジュリアン橋で写真撮影。
Y子さんのリクエストでサクランボ畑を背景の写真も撮った。

★夕飯★
セプソーセージのボイル
カスレ缶詰
ニソワーズ缶詰(ニース風ツナと野菜の缶詰)
ごはん
デザートはバスクチーズ
M村さんから貰った、ムースオショコラ
雨のVolxで。岩は乾いてOKです。

ジュリアン橋(Pont Julien

■私はいつもよりずっと早く22時半ころ就寝。



4月5日(木) 曇り/晴れ 
◆Volx(ヴォルクス)でクライミング。

■8時過ぎ、起床。
空は曇り、メテオをチェックして、曇りならヴォルクス(
Volx)に行こうっと言うことで、11時頃Volxに向けて出発(今日は買い出しなし)。
■12時過ぎ、岩場到着。誰もいない。
空には雨雲が広がっているが、
Volxには日が射している。予想に反して暑い。東の方をみると雨が降っている様子が見えるのだが。。。

■14時頃ローカルクライマーがやってきて、少し賑やかになった。
風が冷たく、日が陰ったら一気に寒くなってきた。

ダンナは、
Hot Spot 6cTraquenard 7a+Charles de Gaulle 7bHueco 7b+を登ってビデオ撮影。
本気トライは、
Youpala 8a+(厳しいようです)。
ワークアウトで
Traquenardをフォロー回収して終了。

M村さんは、
Hot Spot 6cInclulgence 7aをオンサイト、Charles de Gaulle 7bを2撃。Traquenard 7a+を1トライして終了。

Y子さんも、
Hot Spot 6cを2撃(惜しいところでオンサイト逃した)で、M村家は今日も順調に結果を残しました。

私は今日も体調不良でレスト。

■20時過ぎ、アパートに戻ってきた。
APT辺りから雨がポツポツ。ボニュー(Bonnieux)は道がびっしょり濡れていて、だいぶ降った痕跡がある。Volxにして、正解だった。

★夕食★
牛と野菜の煮込みスープ
ご飯としそわかめの振りかけ
リュベロンワイン
M村さんがくれた山羊チーズとワインが合って絶妙。
生チーズ&ペーシュジャム
お茶(グレープフルーツ)

■23時半頃、就寝
Charles de Gaulle 7b の取り付きで。
Charles de Gaulle 7b をRPするM村ダンナ。


昼寝ばかりしているので、夜中目が覚めて眠れない。いまさらの時差ボケ?



4月6日(金) 晴れ  
◆Orgon(オルゴン)でクライミング。

■8時過ぎ起床
M村夫妻はボニュー(
Bonnieux)の朝市に出かけて、10時前に帰ってきた。
雲海が出てラコスト(
Lacoste)が雲の上に浮いているように見えたって。早起きしなければ見れない景色ですね。早起きは三文の得!
■11時出発。
ラポスト(La poste、郵便局)に寄って、M村家の荷物送付。

アプト(
APT)のルクレ(E.LECLERC)でフランス最後の買い出し。今回もお皿などを購入。

■13時頃、オルゴン(
Orgon)へ。

晴れたり、曇ったり、雷が鳴ったり、安定しない天気だったが、雨に降られることもなくクライミングを楽しむことができた。
でも風が冷たく陰ると、すごく寒い。

お馴染みの(とは言っても6年ぶり?)ローカルクライマーが来ていた。少しぽっちゃりして、8cをバリバリ登っていたころとは変わっていたが、しゃべり方が懐かしい。

M村さんは、今日も順調に
Benjamin bigoudi 6a+Pousse au reve 6bLa jument de Fernand 6b+をRP。6c+は厳しかったようです。

私も
Pousse au reve 6bをトップロープで少し触った。少し力が出るようになってきた。

ダンナは、
MONK 8a+Fox et Mathews 8bを触るが、疲れているのか、核心ムーブできず。。。

■19時過ぎ撤収。
アパートに戻って、荷造り。
明日はカタルーニャに向けて移動です。
Fox et Mathews 8b をトライするダンナ。

★夕食★
パスタ、プロヴァンサルパスタソース、パルメザンチーズ。
プロヴァンサル生ソーセージ
セプソーセージの茹で汁を使ったスープ。
ヴァントゥ(Ventoux)ワイン
食後に、ヨーグルトとお茶

≪ダンナのコメント≫
■今日は南仏でのクライミングは最終日です。天気予報は、曇り時々晴れ、山沿いは午後雷雨。・・・なので今日は山沿いを避けて
Orgon(オルゴン)に決定。トレーニングにもちょうど良いし・・・。私は課題の2ルートをやったが、昨日の疲れが残っていて全然ダメでした (>_<) M村家はますます順調、スペインが楽しみですね。。。