プロヴァンス滞在記   − クライミングをしよう! −

5.クライミング写真室 4
シルクロード (5.12c). 小川山
Silk road (5.12c). Ogawayama (Japan)


とても美しいルート。
間違いなく日本を代表するルートの1つでは?

写真では、まるで前傾壁のように撮られているが、
実際は垂壁です。
首を左に傾けて見て下さい・・・?

また、登り終わった後の、飛び降り回収が
とてもスリリングで、ルートに一味添えています。

(climber: Saburo Kimura)

ハッピーバースディTO幸大 (5.11a). 兜山
Happy birthday to Kudai (5.11a). kabutoyama (Japan)


なぜか気まぐれで訪れた、甲府盆地の兜山にて。
冬にもかかわらず暖かくて快適だったが、
クライミング自体は・・・。

でも、この5.11aはなかなか面白く楽しめる。


(climber: Eiko Kimura)

ハッピーバースディTO幸大 (5.11a). 兜山
Happy birthday to Kudai (5.11a). kabutoyama (Japan)


5.11aにしては、ホールドも浅く、
テクニカルなムーブが続く。
湯河原・幕岩を思い出させる好ルートだ。

(climber: Saburo Kimura)

帰還兵 (5.10c). 幕岩・茅ケ崎ロック
Kikannhei (5.10c). Makuiwa/Tsigasaki (Japan)


幕岩・茅ケ崎の人気ルート。
とても短いのだが、なめてかかると意外に悪い。

幕岩は、冬でもぽかぽかで、とても居心地がいい。
私はここではもっぱら、ビレイと写真係で
その合間の昼寝が、私の冬の楽しみだ。

(climber: Eiko Kimura)

鬼岩入門(5.11a). 鳳来
onisinyuumonn (5.11a). Horai (Japan)


なぜか鳳来は、外人クライマーにも意外に知られている。
『大きな岩壁の四面が前傾壁で・・・。』
という具合に鬼岩の印象は外人にとっても強いらしい。

このルートは、その名前通り、このエリアの入門的なルート。
特に悪いホールドはないが、鬼岩らしく前傾していて、
次第にパンプしてくる。

最後に少しだけ悪いムーブも出る。

(climber: Kazumi Yagi)

鬼岩入門(5.11a). 鳳来
onisinyuumonn (5.11a). Horai (Japan)


息づかいが聞こえてきそうな写真。
気合がこもってるのが感じられる。

クライマーの表情ってなかなか写真に撮るのが難しい。
私のお気に入りの写真です。

(climber: Fumio Yagi)




前のページへ



次のページへ
トップへ戻る